「私と松本くんと長野さん」

私と松本君と長野さん“R” 「小さな恋のメロディ」

どうやら振られちゃったみたい。もちろん私だけでなく長野さんも…。

  

長野さんは、「私の方から振ってやった」なんて強がり言ってる。けど、随分こたえてるって分かるのは、長年の恋のライバルだから。

まさか、最後に町田さんと駆け落ち、だなんて、ね。

長いあいだ一緒だったから、私も長野さんも「松本君はコッチ側のヒト!」なんて、勝手に安心してたのがいけなかったのかな?

 

でもね、松本君とか町田さんを見てて思うの。

 

まだ、早すぎるんじゃないかなぁって。純粋過ぎる恋というのも良いのだけど、やっぱり、子供。「一緒にいたい」ってだけで、早足で駆け抜ける。たぶん、大人の世界でも、いじめられるんじゃないのかなぁ、なんて、ね。

 

町田さんはしっかりしてるから大丈夫だと思うのだけど…、松本君は心配だなぁ。

 

 

 

【お知らせ】 

作者都合により 「私と松本君と長野さん」 は、今回で連載中止となりました。長い間のご愛読ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私と松本君と長野さん“R” 「来年もいっしょだね(はぁと)」

私たちの学校、もうすぐ期末考査なんだけど、「卒業狙い」のコたちは大変。

私は、っていうと、この学校、けっこう楽しいし、まだまだお勉強したい事もあるし、今年は卒業しなくても良いかな? なんて。

パパもママも、もうしばらくセーラー服姿の私を見ていたい、って言ってくれてるし、ね。

あっ、『留年』って訳じゃないのよ、前にも言ったけど、ウチの学校は「単位制」で、卒業は自由選択って、欧米スタイルの制度を導入しているの。だから、もう少し、この学校でお勉強して、自分のやりたい事を見つけるの。

こんな自由な学校だけど、どうしても卒業するって言っているのが、町田さんとか釜玉君。もちろん松本君も。

町田さんなんかは、ずいぶん前に卒業単位はだいたい取っちゃって、去年も、卒業するって言ってたんだけど、必修科目の履修を忘れてたみたいなの。今年もずいぶん苦労してたけど、どうにかなったのかな?

ホント、あの必修科目、先生が気まぐれ。おまけに授業内容が、毎年、難しくなっていくから、予習も役に立たない。大学並みの講義内容になっちゃったなんていうから、私もついて行くのがやっと、来年こそ合格点を貰わないと、ね。

でね、松本君の方はと言うと、試験前の追い込みが赤信号。

いつもは、「一夜漬け」なら任せとけ、とか、「ヤマを張る」のは得意なんだ、とか言ってるんだけど、どうもうまくいかないみたい。

やっぱり、お家に不幸が重なったのが、尾を引いているのかな?

すっかり落ち込んでる、松本君を見てるのは、ホント、つらかったの。どんなふうに声を掛けてあげたらいいのかな? なんて、ね。

だから、前のクラスでも一緒だった、長野さんに相談したの。

でも、彼女って意外とドライ。「なんにもしない」って言ってたの。冷たいな、って思ったけど、実は長野さん、松本君と“だーびぃ”、二人っきりで慰めてあげてたの知ってるよ。長野さんって、ホントにツンデレなんだから。

期末試験の結果次第だけど、どうやら来年も、私と松本君と長野さんの不思議な二等辺三角形は続きそう。

 

「来年もいっしょだね(はぁと)」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

私と松本くんと長野さん“R” 「『もしドラ』かな?」

3月11日午後2時46分、未曾有の災害・・・、でも、「未曾有」を「みぞうゆう」とか、「踏襲」を「ふしゅう」なんて読まないわ、って、しっかり受験生モード。

そんなこともあって、新学期早々の実力試験は延期。私としては“ラッキー”って感じ。だって、春休みの間、あんまりお勉強してなくって、いきなりの実力テストは、正直不安だったの。

 

えっ、「なぜ勉強しなかったの?」って。

 

そりゃ、今年は“恋のライバル”長野さんと一緒のクラス。特進クラスに入って、昔みたいに、松本くんだけを、特別に意識してるわけじゃないんだけど、ライバル復活って事になると、やっぱり意識しちゃう。

春休みに図書館で、一緒にお勉強した時も、長野さんったら、「去年は別のクラスだったけど、松本くんはどうだったの」みたいなことばかり聞いてきて、私と松本くんは「そんな関係じゃないよ」って言ってるのに。

 

で、最近、NHKのアニメにもなってる『もしドラ』

 

Bookcovermoshidora_m_2 「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら」ってベストセラーのアニメ化。

野球部の女子マネージャーが、経済学の手法で、弱小野球部を甲子園に出場させる、ってヤツだけど、私たちJK的にも、マイブームって感じかな?

 

“顧客が何を望んでいるか”・・・この場合 [顧客は松本くん] だし・・・。

“組織の中に競争原理を”・・・ここでの [組織の中は私と長野さん] で・・・。

 

まぁ、そんな簡単に割り切れるものじゃ無いから、私たち3人の関係は面白いのだけれどね。

だから、競争って事で、1ヶ月遅れの実力テスト。私は“まぁまぁ”って感じだったんだけど、松本くんは相変わらずのスロースターターで“ボロクソ”だったんだ。で、ね、驚いたのは長野さん。いきなり“クラスでトップ”。やっぱり長野さんってスゴイ!!

 

って、センセ、長野さんのテスト問題、アレって去年の・・・。

 

“達成可能な目標設定が大切”ってのも、「もしドラ」だったっけ??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私と松本くんと長野さん“R” 「バレンタインデーだけどゴメンなさい」

学校の行き帰りに目にする予備校。『現役合格40人は当予備校出身!』って、派手な看板がかかってる。

「そんなにうまく行くわけないじゃん」って、あんまり気にしてなかったんだけど、どうやら噂は本当みたい。

Toshin03 今年、いっしょのクラスになった、留年(?)回生の鳥取センパイ。やっぱり、アソコに通っていたんだって教えてくれた。やっと“進学”できたから、「高い月謝も無駄じゃ無いよ」だって。

あと、センパイがね、「松本も去年から…」って教えてくれたの。

だからね、イロイロと松本くんに聞いてみたの。ウチのクラスじゃ他にも、長崎くんと町田さんも通っているんだって。でね、とっても課題提出が厳しくって、宿題も多いって言ってた。

去年の秋の集中講習の時、長崎くんと町田さん、課題提出に遅れたら、せっかく書いた“小論文”を受け取っても貰えなかったんだって。

ま、そんなスパルタ式だから、『現役合格!』なんて言えるのかな?

やっぱり、一人っきりで勉強するのは不安だし、今年は私も通おうかなって、申し込み書を出しに行ったの。そしたら、ね、予備校の前で琉球さんとバッタリ会っちゃった。

彼女も、「絶対合格したいから」って、パパにお願いしたら、今年は、予備校の月謝を出してもらえるようになったんだって。

予備校の受付でね、事務所のお姉さんが、来年いっしょのクラスになる釜玉くんも、「早々に申し込み書を書いてったわよ」って教えてくれたの。

みんなが予備校に通っちゃうと、結局、試験は厳しくなっちゃう??

そんな、予備校の選抜試験、明日が合格発表の日。だから、今年のバレンタインデーはハラハラドキドキ。チョコなんて作ってる余裕もないの。だから、クラスのみんな、ホントにゴメンなさい。

でも、ホワイトデーは期待してるわ、オトコノコでしょ。(はぁと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私と松本くんと長野さん《第2章》 「おわり、燦々と」

もうすぐお引っ越しするかも・・・」だって。どうしたのかな?

 

パパのお仕事のせいで、ずっと社宅暮らしや賃貸マンションで暮らしてきたから、また転勤なのかなって、ね。

でも、今度はちょっと違うみたい。いよいよっていうか、やっとっていうか、一戸建ての自分の家を建てるみたいなの。

「そんなに大きな家は建てられないけど・・・」って、言ってたけど、「小さくっても日当たりのいい素敵な家を設計してもらう」だって。

あと、今度のお家、「やっぱり住みなれたところが良いな」って思ってたら、今の社宅のホントのそばみたい。

だから、駅やバス停も変わらないし、よくお使いに行ったお店もそのまま。なにより、ご近所の人やお友達が変わらないっていうのが一番。

そりゃ、街なかから離れて、ニュータウンの分譲地みたいなところだったら、もっと大きなお家も建てられるよ、って、言ってたけど・・・、ね。

 

松本くん家に遊びに行った時も思ったの。とっても立派なキレイなお家だけど、出来たばっかりの住宅街って、お隣さんとかもいなくって寂しそうだな、って。

どこへ行くにもクルマじゃないとダメとか、バスの時間を気にしないとダメなんていうのはイヤ。やっぱり、自転車や歩きで、いろんな所へ行けるのが一番だと思うの。

 

新しいお家には、お庭もあるから、長野さん家みたいに、花壇を作ったり、犬なんか飼っても良いのかな? とっても楽しみ。

彼女とは、また、来年いっしょのクラスになるから、恋のライバル復活ということで、いろいろ張り合わないといけないものね。

 

鳥取センパイはいなくなっちゃうんだけど、釜玉くんとか新しいお友達もできそう・・・。

 

でもね、“私と松本くんと長野さん”の二等辺三角形は、誰にも負けない、“とっても良い関係”って思うの。 (おわり)

 

 

 

※ 「私と松本くんと長野さん《第2章》」のご愛読ありがとうございました。今回で『最終話』となってしまいました。長らくのおつきあい、ありがとうございました。

Photo_2  

で、年明けから、「私と松本くんと長野さん“R”」の連載が始まります。どうぞ宜しく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私と松本くんと長野さん《第2章》  「冬休み」 

あっという間に一年が過ぎちゃった、と、いう事で、今年の成績は・・・。

で、ママに成績表見せたらね、「まぁ、“はじめて”としては上々かな?」だって。春先には「絶対合格圏に入らないとダメ!」なんて言ってたんだけど。

ま、パパのお仕事も、リーマンショックだとかなんだとかで、けっこう厳しいみたいだし、「今、お金のかかる上の学校へ行かれるのも大変だ」って事だと思うの。

なんせ、私が行きたいのは、実習だ教材だ補習だって、何かとお金のかかる○○系の学校だから、ね。

 

あっ、そうだ、松本くんも今年の進学は諦めちゃったみたい。松本くん家はお金持ちだし、家族や親戚の理解もあるんだから、すぐにでも上の学校へ行くって思ってたんだけど、「来年も一緒に勉強しようよ」だって。

クラスのみんなから、『腐れ縁』なんて冷やかされたりもするんだけど、もう一年、“いっしょ”っての、けっこう嬉しいかも。

でもね、私、少し勉強の方にも目覚めちゃった。意外に楽しいものなのね、少しづつだけどいろんな事が解ってくるって。

だから、来年は、ぜっ~たい負けない!

 

で、ね。長野さんは今、特別進学クラス編入の最終試験の真っ最中。とっても大変な最終試験ってのは、去年の受験でよくわかってるから・・・。

いっしょのクラスになったら、また松本くんと“二等辺三角形”?? ライバル関係復活ってことだけど、ま、それもいいか、な。

だから、長野さん、頑張れ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私と松本くんと長野さん《第2章》 「また会えるよね!」

ウチの学校って単位制だから、自由な面も多いけど、少しメンドくさいところもあるんだ。

 

こないだ、あの(留年?回生っていう)鳥取先輩が、「今年はやっと卒業できそう」なんて、嬉しそうに言ってた。

そんな一方で、町田さんは家庭の事情で繰り上げ卒業を断念。長崎くんもじっくり数年かけて卒業するって決めたんだって。

そんな中で、松本くん、突然やる気を出しちゃって、「今年で卒業する」って宣言しちゃった。で、明日はAO入試の面接らしいの。

もともと松本くんは、できる子だし、集中するとものすごいトコあったし・・・。でも、5年も一緒のクラスだったから、「お別れかも?」と思うとちょっと寂しい、なんて思うの。

でも、それが、松本くんの『やりたい事』なんだから、仕方がないよね。またいつか、どこかで会えると思うから、それまでお別れ。

 

「べつに松本くんだけにこだわらなくっても・・・」って、このクラスで、少しだけど成長。

 

あっ、そうだ、長野さんも最近頑張ってるって話を聞いちゃった。彼女も、やればできる子だから、今年の選抜試験はきっと大丈夫。

卒業しちゃう子、転校しちゃう子、いろんな進路がこれから決まってくんだけど、「みんな頑張れ!」って感じかな?

で、先生から聞いちゃった。来年ウチのクラスに来るかもしれない、とっても楽しそうな選抜試験のメンバー。

  【茨城】 レノファ・相模原・YSCC・HOYO

  【静岡】 藤枝・盛岡・三洋電機洲本・札大

  【高知】 福島・讃岐・長野・さいたま

なかでも、東北育ちの盛岡くんとか福島さんにハマっ子のワイエスくん。相模原さんとか藤枝くんや釜玉くん。どの子と同じクラスになるのか分かんないけど、来年の特進クラスはとっても楽しそう。

 

松本くんも、あわてて卒業しないで、もっとスクールライフを楽しめばいいのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私と松本くんと長野さん《第2章》 「夏期講習やだやだやだやだやだやだ」

夏期講習のグループ編成、習熟度別というか・・・、地域別というか・・・、普段のクラスとは違った組み合わせ、なんだな。8月29日の実力テストも普段とは違うメンバーでやるみたい。

私はティちゃんがと一緒のグループ。ティちゃんと一緒なんて何年振りなんだろう。前はよく一緒にお勉強してたな、なんて、少し懐かしい感じがする。

でも、夏期講習では、選んだ科目が違ってたから、チョット早めに私は授業が終了。少し時間があいたから、ティちゃん達の教室を覗いてきちゃった。

やっぱり、一発勝負の教科って心臓に悪い。去年の内に済ませておいたから、今年は履修しなくても良いってのは、ほんとにラッキーって感じ。

で、ティちゃん、「実力テストで一緒のグループになるかもしれない、新潟(弟)がいるから、もうちょっと待ってろ」だって。私を長野さんとお話しする口実にしないで、って、何度も言ってるのに、私と長野さんは“(松本くんをめぐる)恋のライバル”だってコト、まだ分かってないみたい。

でも、ね、久しぶりに長野さんとお話しできて楽しかったわ。あと、別れ際に長野さんから「相談にのって」って、真剣な顔でお願い。

いつも強気の長野さんなんだけど、こんど松本くんと同じグループで受ける実力テスト、やっぱり不安みたい。特進クラスじゃ、どんなお勉強をしているのか教えて欲しいんだって。

今度の土曜日、私の家で一緒にお勉強するって約束しちゃった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私と松本くんと長野さん《第2章》 「林間学校でボランティア 《森をまもろう》」

夏休みの最初の行事は林間学校。石川県じゃ、森林環境税って税金を使って、増えすぎた緑っていうか、荒れた森林の再生をしているの。だから、今年はボランティア体験って事で、山に入って間伐作業。

班を作って、チェーンソーで森の木を切り倒すんだって。植林してから50年以上もたった、大きな木を切り倒すって、ちょっとワクワクする体験プログラム。

でね、今回入れてもらった班、秋田くん長崎くんといっしょ、松本くんは町田さんや鳥取先輩といっしょ、残念ながら別々の班になっちゃった。

まずは、山小屋でお勉強。地球環境や森林環境を守るため、『森を守る』ためにはの木を増やさないとダメ。でも、をただ増やすだけじゃなく、込み合いすぎたを間伐しないといけないんだって。

とっても倒れそうもない大きな木だって、“受け口”を作って、“追い口”を切ってって、手順を守って作業すると、ほんのわずかの力で倒れちゃう。

木が倒れるときの轟音っていうか、地響き。ホント、びっくりしちゃった。

でも、達成感があるっていうか、地球温暖化防止の為、とか、森林環境を自分達で守ってるんだ、って、実感したの。

でも、大きな木をいきなり倒すのは大変。今回は秋田くんや長崎くんのフォローでどうにかなったんだけど、私一人でもできるようにならないと、緑の地球を守れない。だから、まずは少し小さめのミドリから??

 

 

あっ、今回、班のみんなと倒した木、1965年に緑化の為に植えた木なんだって。ホント、年号なんて別に意味は無いんだけどね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私と松本くんと長野さん《第2章》 「松本くん家がホストファミリー」

最近、アイドルグループの“SAM&RAY BLUE”に似てるって言われる。「どこが?」って感じで、よくわかんないけど・・・。でも、そんなに悪い感じじゃない。私って、やっぱりミーハー?

でも、このグループ、チョット前まで、いろんな人から酷評されてたんだけど、ここんとこヒットに恵まれて大ブレーク。どのチャンネルみても、映ってないことの方が珍しいくらい。

だから,コンサートに行きたっくってもチケットも手に入らないと思うし、だいたい、金沢での公演なんてムリだよね。

だから、来週、ライブっていうか・・・、フイルムコンサートっていうか・・・、屋外上映のイベントがあるから、松本くんと“SAM&RAY BLUE”を見にいこうって約束したの。チョット遅い時間の外出だけど、「クラスのみんなと一緒だから」って言ったら、パパも「行ってイイよ!」だって。

夜遅くのお出かけだし、クラブ系のイベントだし、パパが許してくれるなんて思ってなかったから、本当に意外・・・。

でね、ママに聞いたら、ね、「パパったら昔は・・・」だって。よくわかんないけど、パパとママの二人だけの秘密があるんだって。

あと、メインボーカルの“K-SUKE”って、パパの高校の後輩らしいんだ、そんなこともあって、今回は門限破りを大目に見てくれるらしいの。私にとっては初体験! どんなライブになるのか、ホントに楽しみ。

あっ、そうだ。対バンする“グアラニー”ってグループ。昔、松本くん家にホームスティしたことがあるんだって。

前にも話したことがあったっけ、松本くんの家はとっても大きなお屋敷。外国からの留学生のホストファミリーになったことがあったんだって。

松本くんも楽しみにしてるよね!火曜日のライブ!!

M_para2c5a6

| | コメント (0) | トラックバック (0)