福井ミラクルエレファンツ

BCリーグ“北陸地区”チャンピオンは石川ミリオンスターズ!

野球の独立リーグ“BCL”北陸地区チャンピオンシリーズを制したのは石川ミリオンスターズ。でも、リーグ運営代表が言った「地区CSのMVPはミラクルエレファンツのサポーター」に激しく同意。

これでミラクルエレファンツの2010年は終了。選手たちの大半とも、この試合でお別れというのは、個人々々が“上を狙う”リーグであり、一方で“ラストチャンス”に賭けるというリーグだから。

と、さほど感傷的にならないのは、毎年選手の大半が入れ替わってしまう、“某サッカーチーム”で免疫がついてしまった、せい??

来年、どんなチームが見れるのだろう、と、エレファンツの進化に期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アディショナルタイム2分と延長11回裏ツーアウト

土壇場での“劇的な結果×2試合”だったから、チケット代以上に得した感じで気分が良い。

021 “劇的な結果”の第一弾は、もちろんツエーゲン。

今季ラストの津幡陸上競技場での開催は、同期昇格組の栃木UVAとの対戦。

どちらのチームも、連敗・勝ち無しのスパイラルに落ち込んでいるわけで 『相手がコイツなら勝てる』 とか 『コイツに負けたら今シーズン終了』 みたいな感じだったのかな・・・。

お互いに、なんとか復調のキッカケを掴もうって感じ。

やっぱり、不調のチーム同士、互いにせめぎ合うのだけれど、なかなか得点には結びつかず、[0-0]のままアディショナルタイム2分の表示。

あとは、以下の動画で↓↓↓。

勝利の余韻なんて味わう暇もなく津幡を離れて、“お見舞い”だとか“お祝い”のお届けものとか用事をこなしつつ福井へ。

Sany0153 “劇的な結果”の第二弾がミラクルエレファンツ。

福井県営球場にたどりついた時点で7時過ぎだったんで、チケット売り場の係員が、「もう8回裏なんですけど・・・」と申し訳なさそうにチケットを手渡してくれた。

そして、「これから、きっと点をとって勝ちますから」って付け加えてくれたんだね。

こちらも[0-0]と、どこかと同じ。そして、9回、10回と得点圏にランナーを進めるものの決めきれない、って、これまたツエーゲンの試合とよく似た展開。

11回裏2アウト1塁2塁の、3度目のサヨナラのチャンスを決めてミラクルエレファンツの勝ち!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひさびさ!ミラクルエレファンツ

雨の中、三国の野球場まで行ってきた。後期は2勝9敗、勝率1割台ってのは・・・。

ま、ダメダメぶりもまた良いかなって、どうもヘンな方向に走りそう。ま、通算の勝率以上に“勝ち”を見てるって『ミラクルっぷりが健在か?』ってのを確認するってわけだ。

 

 

で、結果は・・・。

093_36187  

 

 

 

 

 

[2-1]でエレファンツの勝ち!ミラクルっぷりも健在!!

 

 

でもね、明日の早朝には『新潟行き』だ、ってのに、3時間半もの試合に付き合うってのもねぇ。

あっ、寝なきゃ良いんだ、寝なきゃ。でも、昨夜も遅かったし・・・。全社北信越のツエーゲンvsサウルコス、退屈な試合だったら、たぶん寝るぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

意外にしぶといんだよ・・・。

09_186778_2 今朝、今年最初に咲いた“アサガオ”の花。

先月植えた種が芽をだし、やっとロープにツルを巻きつけ始めたと思っていたのに・・・。

蔓を伸ばすより、花を咲かすほうが先という、セッカチな一株のようです。

例年より早い開花を見て・・・。

「今日は何か良いことがある?」 なんて感じで、朝刊を見たのだが・・・。

09_186781 目に入ってきたのは、福井ミラクルエレファンツの経営危機の記事。

地元紙【福井新聞】の方で詳しい状況を伝えている。

今後は、現在の経営陣が退いて、福井新聞社が支援にはいるようです。 

去年から、「経営がおもわしくない」って、噂にはなってたけど、現実に数字が出てくると、やっぱり地方における、“プロ・スポーツ”の経営って、厳しいものなんだって、つくづく実感する。

過去には、フリューゲルス・エスパルス・ヴァンフォーレって例もあったし、つい最近は、FC岐阜の経営問題なんかも話題になっている。

ツエーゲンだって決して楽な経営じゃない。

 

でもね、地域にしっかり溶け込んだチームって、意外に“しぶとく”生き残るんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お城めぐり 《小諸城(懐古園)→南城→上田城》

“ETC千円”の恩恵で、ひとあし早く長野入り!

09_18351 こんな機会でもないと、行けそうもないトコロを数ヶ所巡ってくる。

まずは“懐古園(小諸城跡)”へ、公園隣接の駐車場料金が500円、でも少し奥の民間駐車場は300円。僅か200円の差額なんだけど、結構「幸せ」な気分!09_18364

「幸せ」な気分を抱えて、南城の野球場へ、山を切り開いて作った野球場の外野は“断崖絶壁”、面白い設計のスタジアム。EURO選手権のポルトガル大会で、“崖”が話題になったスタジアムってなかったけ? (中略) で、「絶望のどん底」へ。

09_18370_3 長野市内に戻るついでに、明日の対戦相手の本拠地“上田”を 挑発 表敬訪問。意外に上田って大きな町でした。グルッと市内を 挑発 偵察したアト、上田城へ。

09_18376 上田城の駐車場は“無料”だったんで、「幸せ」な気分が少し復活。意外に単純なんです。 

で、「幸せ」を表現!! →→

 

 

明日は“善光寺の朝事”へ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミラクルエレファンツ3連勝!

快晴の“連休初日”の行き先は・・・。

09_1807 三国運動公園野球場での【福井VS石川】の観戦。

この球場、施設的には、かなりの老朽球場なんだけど、丘の上の立地が最高で、海風なんかも感じることができる。風向きしだいじゃ、カモメなんかが、球場上空を飛び交うこともある。

BCリーグ2年目のこの球場、グラウンドを囲む壁が塗り直されたうえ、スポンサー広告が書き込まれ、徐々にプロっぽい球場の雰囲気になってきている。

 

で、試合結果は09_1822 【 1 = 0 】でエレファンツが勝って、3連勝で首位!

ホント、“生”観戦のときの勝率はかなり高い。

あと、3時間を切る試合時間というのは初めての体験。フツーに、4時間近い試合ばかり見てたので、拍子抜けしたような感じもする。

でも、やれば出来るってことだね・・・。

09_1812 「投手戦」も見所だったけど、試合中にマウンド後ろに、突然、「池」が出現! ってのは、老朽球場ならではのハプニング。

09_1809

あと、噂の山田コレクションに加わった、「2009ワールドベースボールクラシック“侍ジャパン”寄せ書き国旗」のお披露目なんかもあったし・・・。

これで、3時間を切るというのは、結構テンポ良く試合が進んだってコト。

ま、以上、イロイロてんこ盛りの試合でした。

 

【BCリーグ北陸地区】は3チームが共に【4勝3敗】

つまり、全チームが首位という、チョット珍しい状況です。(信濃がリーグ全部の“負け”を一手に引き受けてる、って、ことらしい)

 

明日は【ツエーゲンvsゴールズ】の全社セミファイナルが14:30から・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひさびさ!ミラクルエレファンツ

福井に立ち寄ったついでに、ひさびさの“BCリーグ”【ミラクルエレファンツvsグランセローズ】観戦。

だけど、“信濃”とか“信州”にしないとまとまらないって、某地域の複雑さを感じさせるチーム名だね、「信濃グランセローズ」って。

で、「福井ミラクルエレファンツ」の方。今シーズンは、キャンプや練習見学に行ってないから、ホント、初めての“生”エレファンツ。メンバー表を見ると、結構、新しい顔が増えている。(・・・って、ツエーゲンに比べれば、まだまだだけどね)

09_1744 “今季初のナイター開催”ってこともあって、まだ、結構冷える時期なのに、一塁側内野席はかなりの観客。

そんな野球観戦の時の、お気に入りの席は、三塁ライン際が良く見え、全体を俯瞰で見渡せる高い位置。

TV観戦じゃ判らない、バッターボックス内の打者の立ち位置みたいな、割と細かいところまで見るのが好きだったりするので、ベンチの上で、メガホンなんかを叩いて応援してるヒトタチを、「そこじゃ試合が観れないだろ」って、割と醒めた視線で見下ろしていたりもする・・・。(普段、サッカー場で感じる“視線”はコレなのか?)

結果は、[ 8 = 2 ]のスコアで、エレファンツの圧勝!

09_1752 通算勝率が、3割そこそこのチームなのに、生観戦時の勝率は6割を超えているから、案外『福井に勝利を運ぶオトコ(但し、サッカーは除く)』なのかもしれない?

今日は“福井”を応援。これで、福井方面への義理は果たせた。

日曜日に“福井”を叩き潰す、埋め合わせはできたかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月21日・・・VS福井 調整中

試合日程が発表になり、スケジュール調整に入る。日程の方、西部緑地開催を増やして欲しかったとか、ナイターも開催して欲しかったとか・・・。ま、無理は言わないでおこう。

スケジュールの確認ついでに、石川ミリオンスターズの日程とも重ね合わせてみた。どうやら今年は、市民サッカー場と市民野球場とのバッティング開催は無いようだ。

 

で、ひとつ気になる日程表示、【6月21日 vs福井ミラクルエレファンツ 『調整中』

 

ツエーゲンvsグランセナの、西部緑地公園開催の日じゃないですか。もしかすると、ハシゴ観戦可能なように時間をズラした上で、共通チケット発売なんてことも考えているのかな?

陸上競技場の器の大きさに比べて、対戦相手があまり集客を期待できそうもないチームだけに、イロイロやってみるには良い機会だと思う。幸い、どこかの運動公園と違って、同時開催自体が成立しない、ヤワな駐車場の環境でもない。

ツエーゲンとミリオンスターズのクラブチーム同士の“初”コラボレート、できたら良いね!

 

 

 

でも、ミラクルエレファンツを応援するけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

独立リーグのジレンマ

今季、福井ミラクルエレファンツを応援しようと思ったキッカケになったのは、ローカルのフリーペーパーのインタビュー記事。ページの大半は、球団設立の経緯や選手・監督の紹介といった、ごくありふれた内容だったのだが、球団スタッフの一言が印象に残った。

 

『選手が夢を掴む手助けをしたい』

『選手に夢を諦めさせる役割も果たしたい』

 

独立リーグという運営事情だから、上部リーグであるNPBへと『夢を掴む』旅立ちがある一方で、怪我や成績、年齢などで『夢を諦める』旅立ちも多い。

あえて『夢を諦めさせる』役割もしていかなければならない、と言ったチームスタッフの決意に、エレファンツを見守りたいと思った。

今シーズン、エレファンツで『夢を掴んだ』のが柳川洋平 投手。ソフトバンク・ホークスの育成枠に指名されて福岡へと旅立っていった。一方で、多くの選手達がチームを去ってもいった。

サッカーと違い、チーム自体が“上部”リーグに昇格するという道の無い独立リーグだからこその、スタッフの辛い気持ちが痛いほど分かった。

 

20081220125146 福井駅前の新聞社のPRブースに、柳川投手の色紙が飾ってあった。インターネットや新聞等の報道だけでは伝えきれない感謝の気持ちが、一文字ごとに伝わってくるようにも感じた。

ツエーゲンの退団選手達からも、肉筆のメッセージが受け取れると良いな、なんて思った。

※ インターネットで公式ページを見れる人ばかりじゃないし、会報誌が届く後援会やサポータークラブに入ってなくても、支えてくれた人は多い。公式の場所じゃ難しいかもしれないから、神社前の某寿司屋あたりででも・・・。

 

ツエーゲンを離れた選手の“引退”の話を聞き、ついつい湿っぽい話・・・。

らしくもないねェ~~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠くのプレミアより・・・

CWCはマンチェスター・ユナイテッドが優勝。なにはともあれ “おめでとう” と・・・。でも、「赤いシャツのチームが強いな」とか「黒いシャツのチームが頑張ってるな」という感じで、割と他人事。

Jの最終節もそうだったのだが 「遠くの親戚より近くのナントカ」 というコトワザを実感する、今日この頃です。

パタッと、ツエーゲンオフィシャルページからの情報が途絶えてしまっているから、「水戸ユニのブラジル人が練習参加している」とか、「地域決勝進出チームの○○を見かけた」とかの噂が流れてきて右往左往。真偽を確かめたくって、練習場の近くを通りかかるたび(というか無理矢理コース変更)に様子を伺いに行く。

085_4315109 085_4315200 085_4315236

自主練習の自由な雰囲気も楽しいし、チーム練習の見学も面白い。GKの居残り練習見物なんてのは、結構“S”ゴコロも満足させる。

でも、積雪のあと、特にGKの練習なんかを見ていると、北陸大学フットボールパークっていう設備のありがたさがよくわかる。あの練習を土と雪のグラウンドでやれって言われたら、やっぱりチョット考えるよね?

フットボールパークを利用した、練習環境の良さが、大きなアドバンテージになるなんて思っていたら、いきなり隣県からの情報。

085_4315197_2 福井工業大学にも、本格的なボールパークが出来るらしい。

福井工大カール・マイヤーグラウンドって名前で、地元企業の社長の(鶴の一声による)寄付で、ナイター照明付きの、野球場・サッカー場・ラグビーアメフト場(いずれの施設も冬場に備えて人工芝らしい)が来年10月に完成予定。

“社長輩出日本一”の福井県の底力を見せ付けてくれますね?

どんな利用形態になるのかは不明ですが、野球場では『ミラクルエレファンツ』、アメフト場でも『スノースイーパーズ』、そしてサッカー場には『サウルコス』なんて組み合わせで強化が始まると、恵まれた練習環境ってアドバンテージにも、ドンドン周りが追いついてきている?

| | コメント (0) | トラックバック (0)