« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

薄汚ねぇシンデレラのムスメ

今日は朝から、「薄汚ねぇシンデレラ・・・」というフレーズが、頭にこびりついてしまって離れない。

NHKの朝ドラ「あまちゃん」でのセリフなんだけど、思い当たる人にはキョーレツな記憶。

大映ドラマの、「少女に何が起こったか」の小泉今日子がらみの有名シーン。2分過ぎから始まるのが“薄汚ねぇシンデレラ”の元ネタ。

ま、今日7月31日は故石立鉄夫の誕生日。「あまちゃん」も小泉今日子出演のドラマだし、オマージュという事なのかも。

で、「あまちゃん」のもう一人のキーマンが薬師丸ひろ子。

コッチはやっぱり、「セーラー服と機関銃」という事になる。コイツもなにかオマージュの計画があるか楽しみ。

で、この2作品の共通項という事で、もうひとつ動画。

センセーショナル・ヒロコ?公認応援歌??柳沢慎吾???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こっちも「北の國」だから・・・

日曜日の1万人チャレンジデー「ツエーゲンvsブラウブリッツ」の試合は【2-1】で勝利。ここ11試合負け無し。Jリーグの進める2シーズン制なら、“2ndステージ首位”という事。

099

JFLに昇格して4シーズン目になって、地域リーグ時代との違いを考えると、ライバル関係が希薄になったなという感じが強い。

というか、「地獄の」北信越リーグと称されたように、強烈な個性のあるチームが多く、否応なしに意識させられていた部分が、少し弱くなったのかなという事。

過剰に意識していた“松本山雅”って相手は一足先に昇格。で、“パルセイロ”が代わりになるかと言えば、ずっと松本山雅を追いかけ続けてコッチを向いてはくれない。

近場の“カターレ”は、一度も同一リーグで対戦する事が無かったから、ライバルという感じがまったくしない。むしろ、“サウルコス”の方に少なからずライバルとしての資質があるようにも思う。

083

 

 

そんな中での、“ブラウブリッツ”との対戦。

116

試合後二日たって、ちょっと落ち着いて、対戦後のツイッターやフェイスブック、ブログを読んでみると、意外なほどに好印象。

金沢と秋田、ちょっと距離は離れているけど、同じ目標を持つチームとして、切磋琢磨できると良いなという感じ。

こちらが、本家「北の國」だ!という感じで、新たなライバル関係。

 

 

イロイロ、金沢を楽しんでいかれたようで・・・、ブラウブリッツサポさん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一万人チャレンジのライバルは星稜vs遊学館

とりあえず、月曜ローカルスポーツ特集前の予習用の動画。

前半の19番越智のゴール。

後半の26番佐藤のゴール。

 

で、失点のPK

21番大橋はしっかり反応できているし、時計を進める動きもクレバー。

 

と、なにげに動画を一杯貼り付けたのは、月曜ローカルの時間枠に対する不安があるから。たぶん、高校野球の決勝戦&松井秀樹の引退セレモニーの方が扱いが大きいんだろうな。

065_2


なんせ、スタジアム自体、こんな状況だったから、ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年こそ!(サウルコス福井的に・・・)

ツエーゲンの試合が土曜日開催だったおかげで、日曜日は福井までサウルコスの試合観戦。

257


といいつつ、午前中は市民体育祭の自転車競技に参加という事で、ね。

 

 

 

で、思いっきり競輪バンクでスピード感を楽しんだ後にテクノポート福井サッカー場へ移動。

267


後半開始直前から試合観戦なんだけど、サウルコスが富山新庄を終始押す展開。

279


結果は【3-0】でサウルコスの勝利。リーグ戦を残り一節残しての優勝確定。カターレ富山からの大量移籍で、北信越リーグでは“わが世の春”を謳歌していた新庄も、諸行無常を感じる展開なのかな、って?

戦力に驕って、ずいぶんと他チームに無礼な対応をしていただけに、“驕る新庄も久しからず”って感じ。

293


とにかく、サウルコスには、全社、地域決勝と勝ち進んで、来季のJFLへの昇格を勝ち取って欲しい。

去年の悔しさを知っているチームだから、たぶん、大丈夫!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土曜日開催はビミョー

土曜日の午後三時キックオフだったツエーゲンvs福島ユナイテッドの試合。

184

炎天下の試合という事で、ゴール裏には新兵器の投入。

224

もっとも、局所的なドライミストの投入でどうこうなるという温度では無いのだけど、ま、気分的には、ね。

168

一方で、遠来の福島サポ。金沢のこの気温をどう感じたのだろうか?

163

と、まぁ試合の方は、前半からツエーゲンが攻勢をしかけるものの、福島ユナイテッドに先制されるという展開。

212

ゴールネットは揺らすものの、直前のプレーでボールがラインを割っていたとの判定でノーゴール。

ということで【0-1】のスコアのままでハーフタイム。

218

ハーフタイムから、積極的にスタンドに飛び込んでくるゲンゾーを横目に、後ろ髪をひかれる思いでスタジアムを離れるって事。

 

 

 

238


地元の恒例行事の「灯ろう流し」の会場で聞いたのは、今日もまた『金沢劇場』だったって試合結果。

試合終了直前の同点弾!見たかった、な。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五連勝です

遠方アウェイということで、金沢帰還後のビデオレター配信待ち。

7番清原&19番越智

10番石舘&18番牧野

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月おら、ギリギリ滑り込んだ!

2009年12月アメ女の国民投票。脱退やらフェードアウトでギリギリ40位以内に滑り込んだ“海女のアキちゃん”。

Imagescatjgxke

2009年シーズン、北信越リーグは3位、敗者復活の全社大会準優勝で地域決勝進出。でも、1戦目引き分け、2戦目敗戦、3戦目にギリギリのPKを決めて入れ替え戦。なんとかJFLに昇格した“ツエーゲン金沢”。

Ishikawa_photo


めちゃめちゃシンパシーを感じるわけだけど、あまちゃん、2010年のドラマは???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[アメ女]国民投票は2009年12月12日[あまちゃん]

東京編になってから、NHKの朝ドラ「あまちゃん」を見るようになった。Images333

どういうわけだかキリギリの展開。ヤサグレそうな試練の連続。で、最後は理不尽ともいうようなルールのもとでの“国民投票”の発表。

 

そんなドラマの設定上の“国民投票”投票日が2009年12月12日。

 

なんとも理解しがたい展開なのだけど、そんなドタバタドラマに引き込まれた理由が、同じく2009年の秋から冬にかけて綱渡りを繰り広げたシンパシーだと理解した。

 

そんなシーズン最終決戦の“入れ替え戦”第一戦が2009年12月13日。

 

地獄の北信越からJFL昇格を賭けてのシーズン、リーグ戦じゃ3位に沈み(4位のチームもいたけど)正規ルートでの昇格断念。一つも負けられない全社ルートで地域決勝進出したけど、よもやの敗戦で、レギュレーション的には受けるJFLチーム絶対有利という中で入れ替え戦。

Images654

だから、まだまだドタバタ劇は続きそうだけど「あまちゃん」ガンバレって感じかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スクラムを組んでラックで押し込め!

天気予報通りに活発化した梅雨前線のせいで後半開始直前に雷雲襲来。20分の試合中断の後のピッチは水没。

093

ポポさんが“じゃがいも畑”と称した金沢市民サッカー場のピッチ、今度は田植え直後の“田んぼ”って感じになってしまいました。

ボールは止まるし、足首まで水につかるという事で、思わず、「アップ&アンダー」だとか「スクラムを組んでラックで押し込め!」って言葉も出る。

で、最後は選手全員の“水たまりダイブ”で締め。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怒涛の攻撃ということらしい

日曜日の栃木UVA戦は【4-0】で勝って三連勝。五位まで順位を上げてきた。でも、遠方でのアウェイ開催だからテレビでの映像放映は無し。

ということで、動画サイトからゴールシーンを引っぱり出してみる。

 

1点目

 

2点目

 

3点目

 

4点目

 

 

週末のホンダロック戦でも怒涛の攻撃を見てみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »