« [進撃の巨人] リコ班長のアップライトなランニングフォームがあの人を思い出す | トップページ | MIO戦ハイライト「山道の日」 »

「金沢劇場」も「松本劇場」なみに演出過剰になってきた。

ツエーゲン金沢vsMIOびわこ滋賀戦は前半早々に失点。でも、後半早々に同点に追いつき、更には逆転。ところが相手は一度も勝った事が無い“天敵”MIOということで、すぐに同点に追い付かれて万事休す。ところがアディショナルタイムに入って途中出場の石館が逆転ゴール!

まるでコンフェデ杯の日本vsイタリア戦を見ているかのようなシーソーゲーム。

ま、先日のソニー仙台戦の逆転劇を、「松本劇場だったらアディショナルタイムを使ってもっと過剰演出をする」なんて言ったりしてた訳で・・・。

「金沢劇場」、いよいよ「松本劇場」化しつつある?

|

« [進撃の巨人] リコ班長のアップライトなランニングフォームがあの人を思い出す | トップページ | MIO戦ハイライト「山道の日」 »

ツエーゲン金沢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/436061/52142975

この記事へのトラックバック一覧です: 「金沢劇場」も「松本劇場」なみに演出過剰になってきた。:

« [進撃の巨人] リコ班長のアップライトなランニングフォームがあの人を思い出す | トップページ | MIO戦ハイライト「山道の日」 »