« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

6月30日は丸岡スポーツ公園でジャミネイロ

ほとんど“新潟県プレミアリーグ”となってしまっている北信越フットボールリーグの二部。

Ca0464e2


新潟県民だけが、あのチームの試合を楽しんでいるという訳で、数少ない北陸開催の日程が6月30日11時キックオフで、福井県の丸岡スポーツ公園で坂井フェニックスと対戦。

ちなみに今シーズンのHFL2部は大混戦。3位から7位までが勝ち点4の中で、残り4試合、どのチームにも県リーグ降格の可能性が残るという修羅場。

「絶対残留」のゲーフラ作って見に行こうかな?もちろんミドリの布を買って・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[進撃の巨人]日本のモノづくりの真価を見た気がする

進撃の巨人というアニメが何かと話題になっている。

そんな中で「立体機動」というのがキーワードとなっていて、ガス動力のワイヤー式アンカー発射装置は重要な役回り。

で、日本のモノづくりが、CGやフェイク、ダミーでは無くこんな方向性持って結実。

すごいぞ、日本!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オフサイド・バックパッカーズ(15)

(5)

メモを頼りにSバーンを乗り継ぎ、たどり着いたイラン領事館は、知らずに行けば通りすぎてしまうような普通の住宅街の中にあった。とはいえ、民家とは少し違う風情のコンクリート造りの建物の自動ドアをくぐると、受付カウンター前では、大勢の人が順番待ちの時間をつぶしている。

ペルシャ語の表記の下に申し訳程度の小さな文字でVISAと書かれたカウンターの、自動発券機で受け取った順番待ちの番号札は二桁の数字で、しばらく待つことを覚悟してソファーに身を沈める。ペルシャ語の喧噪がほど良い刺激となり少し早く起きた分だけ眠気を誘ってきた。

少しうつらうつらする中で、手持ちの番号札の数字を呼ばれたのは、午前受付の最後のひとりというような時間帯、カウンター越しに「テヘランまで行きたいのだけど・・・」と、パスポートを手渡しながら職員に話しかける。

もちろん「明日のフライトで」といういささか無理な条件も付け加える。

いぶかしげに申請書類と見比べる視線は、髭におおわれてはいるが表情は意外に若い。畳みかけるように、「三日後の日本対イランの試合が見たい」「VISAが用意できれば飛行機のチケットは何とかなる」「サッカーの試合を見るだけ」と、いくつかの短いフレーズを伝える。

そして最後に「あなたもサッカーが好きでしょう」とクロージングの決め台詞。

すると、なかなか読み取る事の難しい、彫りの深い顔立ちの表情が、一瞬なごんだような柔らかさを見せて、「即日発給は出来ないのだけれど」と言った後、「午後一時までに入金を完了する事」と言ってVISA発給手数料の振り込み用紙を手渡してくれた。

振り込み用紙の下には、午後のVISA発給時間の案内と窓口の説明書きが重ねられており。何とかするからといった髭面の表情の奥には、こちらが思った以上に若い瞳が微笑んでいた。

001午後の窓口で、「2-1でイラン」という予想スコアと共に返却されたパスポートのVISAには、“即日発給但し有効日数三日”と手書きで書き込まれ、通常とは異なる手順で発給された痕跡もうかがい知れる。

ともあれ、試合翌朝のフライトでとんぼ帰りというテヘランへの旅程が現実となった。(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神奈川方面からニュースがふたつ

朝っぱらから、来季の“J3”に関連するニュースが二つ。

 

YSCCがJ3入り表明 

  http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1306250020/

 

ゼルビア秋田監督解任 

  http://web.gekisaka.jp/396895_120799_fl

 

 

神奈川方面、風雲急を告げる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MIO戦ハイライト「山道の日」

ツエーゲン的には大の苦手“天敵”MIOとの試合。今シーズンは山道雅大の移籍で少々因縁めいたものも。

070


案の定、山道の得点。山道のアシスト。動画には無いけど山道のPK失敗。

と、この試合は終始山道の日だったわけで・・・。

105

最後も山道コールで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「金沢劇場」も「松本劇場」なみに演出過剰になってきた。

ツエーゲン金沢vsMIOびわこ滋賀戦は前半早々に失点。でも、後半早々に同点に追いつき、更には逆転。ところが相手は一度も勝った事が無い“天敵”MIOということで、すぐに同点に追い付かれて万事休す。ところがアディショナルタイムに入って途中出場の石館が逆転ゴール!

まるでコンフェデ杯の日本vsイタリア戦を見ているかのようなシーソーゲーム。

ま、先日のソニー仙台戦の逆転劇を、「松本劇場だったらアディショナルタイムを使ってもっと過剰演出をする」なんて言ったりしてた訳で・・・。

「金沢劇場」、いよいよ「松本劇場」化しつつある?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[進撃の巨人] リコ班長のアップライトなランニングフォームがあの人を思い出す

負け続けの絶望的な日々からの転換点がトロスト区奪還作戦。決死の覚悟で戦場に赴く訳だけど、駐屯兵団精鋭班・リコ班長の綺麗なランニングフォームを見て、ついついあの人を思い出すのだな。

アップライトなランニングフォームで前線に走り込む姿が印象的だったドラゴン久保竜彦。

Blog_import_507c06da4859e

最近、2年のブランクを経て現役復帰したという事、もう一度ピッチを走る姿を見てみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自力ではじめて上半分

アウェイ沖縄でのFC琉球戦は【1-0】で勝利!他会場の結果で9位が確定!!

去年、アルテ高崎の解散でシーズン開幕初戦がお休みになって、他の八試合の勝敗・得失点の結果で、[勝ち点0得失点±0]で暫定的に9位になって以来、初めて自力で確保した上半分の順位!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

加賀市陸上は本田圭佑の無回転シュートの故郷

本田圭佑の2014ブラジルワールドカップの秘密兵器は縦回転シュートスパイクということらしい。

日経新聞 http://www.nikkei.com/article/DGXNASFL310LH_U3A600C1000000/

 

で、2010南ア大会の時の秘密兵器が無回転シュートスパイク“イグニタス”。

その実戦配備前のテスト会場の“石川県のある競技場”の風景、どこかで見た事があるなとおもっていたら、加賀市陸上競技場だったらしい。

ツエーゲン金沢の公式戦より先に本田圭佑が極秘テストで踏んだピッチ。ここでのテストの成果が南ア大会デンマーク戦でのゴールにつながったのかな。

 

2010年の無回転シュートの故郷は加賀市陸上競技場。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グレートアース(旧名アースライド)越前加賀は?

福井県と石川県で持ち回り開催のグレートアース越前加賀(旧名アースライド越前加賀)は県境を越えるコースや鉄道利用のショートカットなどで面白い。

Img_092

スピードを競うレースでは無く、ファンライドの要素が強い大会だから楽しみ方はイロイロ。

 

でも、今年の開催要項の発表が遅れているので、少し心配。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワールドカップブラジル大会アジア最終予選!

ブラジル大会最終予選ということであちこちでパブリックビューイングが開催。

でも、せっかく予選突破を決めるPVだから“日本っぽい”ところでという事で、温泉!

984075_242500759208115_1790499587_n

ま、フリードリンク&フリーフードで2000円というプライスが決め手なんだけど、ね。

試合はオーストラリアに【1-1】の引き分けで、五大会連続五度目の出場決定。

983727_245236305601227_1118015019_n

スポーツバーみたいな場所で無く、普段使いの共同浴場の二階でPVというのはとっても良い試み。

|

6月3日・ミリツエMONDAY

試合の画像は無いけれど、こういう切り口での特集も良い。

 

で、もう一度、ツエーゲン金沢の選手のおさらい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サッカーの街フジエダ

日曜日のツエーゲン金沢vs藤枝MYUFCは先制したものの【1-1】でのドロー。

月曜夕方のNHKミリツエマンデー前に予習の動画。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »