« 11月14日、石川県人としては18番の日。 | トップページ | 今更ながらケアンズ皆既日食ツアー② »

今更ながらケアンズ皆既日食ツアー①

正月休みに皆既日食の写真データ等を見直したついでに旅行記を少し。ま、今更ながらという事だけど、ね。

Dvc00134

もちろん、上海沖の皆既日食観測の肩すかし以来、密かにリベンジを狙っていたのは事実だけど、背中をポンと押してくれたのは、ツエーゲンの試合観戦プレゼントの日食グラスだった、という事にしておく。

ま、旅費総額20万円くらいで押さえられる目処がついたので、金冠日食観測の勢い、ジェットスターの航空券を予約。

すっかり記憶から航空券の事など忘れかけていた頃、ジェットスター航空から直前確認のメール。あわてて計画を練り始めたって感じ。

030

バタバタと出発日を迎えて、ノープランのまま、関空発の“初LCC”ジェットスターで、早朝5時のケアンズ空港に降り立った。となると、まず気になる空の様子で、少し雲はあるけどOKかな??

Img_0620

続いて、真っ当な日食観測ツアー(4~5泊で50万円近い豪華版)の現地添乗員さんから、最近一週間の天気状況やなんたらの情報収集だと、夜はずーっと雨とか、風向きが悪いとかの気になるコメント。

天気任せのイベント、現地情報は役に立つのだけど、最後は自分の判断。

突然降り始めた雨の中、乗り合いタクシーバスで移動したのは、3日ほど前に予約しておいたゲストハウス。

チェックインは3時だから、受付に荷物を預け、現地の場当たりということで、一応、目を付けてはおいたケアンズ海岸のボードウォークへ。

Img_0640

ついでに、ロケ中の現地のお天気お姉さんの解説でローカル天気情報を仕入れてみる。

Img_0623

ま、なんとか聞き取れた単語を整理すると、現地在住ツアコンの言った通り、朝方の沿岸部の天候は不安定ということ。

で、皆既日食前日同時刻のケアンズの海岸から見た太陽方向の空は・・・。

Img_0636

と、いうことで、すんなり、ケアンズの海岸部からは離れる覚悟を決めた。

 

ホントは思い切って砂漠地帯の方への移動なんかも考えたけど、レンタカーとかレンタルスクーターとか、早朝に確保できる足というのは限られているから、現実味のある観測候補地をロケハン。

Img_0696

もう一つの観測候補地の熱帯雨林研究所のあるケアンズ郊外の大学構内の確認。

054

ま、こちらも、視線の先には朝方に確認済みの“雲を湧きあがらせる”ケアンズの海岸線の半島部があるわけで、こちらの選択肢も排除。

日中のロケハン中も、カラッと晴れ上がったかと思えば豪雨みたいな天気だから、他力本願かもしれないけど、季節の変わり目で変わりやすいケアンズの気候を熟知した“海の男”の勘に賭けてみようと、予約だけは押さえておいた、ダイバーショップのクルーザー・ツアーの参加料金を、クレジット決済して確定させる。

 

と、なると、あとは“神頼み”というわけで・・・。

Img_0676_2

Img_0669

ケアンズ市内の“奥山美智子メモリアル”と、南国風のステンドグラスが印象的な“ケアンズカテドラル”へ!!

|

« 11月14日、石川県人としては18番の日。 | トップページ | 今更ながらケアンズ皆既日食ツアー② »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/436061/48697060

この記事へのトラックバック一覧です: 今更ながらケアンズ皆既日食ツアー① :

« 11月14日、石川県人としては18番の日。 | トップページ | 今更ながらケアンズ皆既日食ツアー② »