« 今更ながらケアンズ皆既日食ツアー⑨ | トップページ | 今更ながらケアンズ皆既日食ツアー⑪ »

今更ながらケアンズ皆既日食ツアー⑩

カンガルーもコアラも、とんと縁が無かったオーストラリア。

地元ツアコン情報で、「夕方のフルーツバッドの飛び立ちは見もの」という事でアボット通りまで見物。

318

地元に精通した人からの情報は確かで、夕方、街路樹から一斉に飛び立つコウモリの群れは確かに圧巻。

コアラやカンガルーだけじゃなく、こんな場所を観光コースに加えれば良いのに、と、思うのはやっぱり少数派の意見かな?

あと、世間には、皆既日食見物でオーストラリアっていうのは伏せてきているから、お土産はほとんど買ってないので、極めて簡単な荷づくりでラストナイト。

でも、機内持ち込み制限重量の15キロを意識すると際どい重さ。

335

336

で、荷づくりからあぶれた資材や本と、キャリーバックにぶら下げていたマスコット人形を、オーストラリア縦断で南へ向かって出発する自転車に託して、ケアンズ空港へミニバスで移動。

346

空港の方はといえば、成田行きと関空行きの同時チェックインで大渋滞。

そんな混乱にまぎれてしまったせいか、手荷物預かり無しのはずがタグを渡され荷物はベルトコンベアーで向こう側に行ってしまうし、あれだけ気にして調整した重量チェックも無し。

ま、ラッキーだったのかな??

混雑の原因というか、ほとんどの人が前日まで1週間連続で開催されてた、砂漠の“日食パーティ”という屋外音楽イベントからの客。

163

行列の前後の人に日食の状況を聞いてみると、砂漠地帯はクリアな天候で、バッチリ皆既日食が観測できたようだ。

|

« 今更ながらケアンズ皆既日食ツアー⑨ | トップページ | 今更ながらケアンズ皆既日食ツアー⑪ »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/436061/49015718

この記事へのトラックバック一覧です: 今更ながらケアンズ皆既日食ツアー⑩ :

« 今更ながらケアンズ皆既日食ツアー⑨ | トップページ | 今更ながらケアンズ皆既日食ツアー⑪ »