« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

現状把握というか・・・、栃木UVA戦失点シーン。 #zweigen

引き分けとは言っても負けに等しい試合だったということだけど、見とかないといけないな、と、思って動画検索してみたら、UVAサイドの動画がヒット。

 

栃木ウーヴァ戦、開始3分の失点シーン。

今シーズン、何度も、何度も、何度も見たパターンだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パルセイロの経済効果は《たぶん》13.6憶円 #zweigen #acnp

ツエーゲンが栃木へアウェイ遠征中の週末。(ウーヴァとの試合結果はあえて触れずに)ちょっと気になるブログの資料を、わざわざプリントアウトして、赤鉛筆片手にじっくり読み込んでみた。

Imag1433ets

ま、よそ様の試算だし、あくまでもプレゼン用の資料ということで、ツエーゲンへの展開は少し難しいのだけど、いろんな人に目に見える形で広報することは良い事。

もちろん、コンサルタント会社の介在が丸見えの、右肩上がりの“バラ色(オレンジ色か?)の未来予想”で、こんなに上手くいくものかという懐疑的な意見も出てくる。

それでも、タタキ台の資料としては上出来。興味があればリンク先の長野市議小泉一真氏のブログからダウンロードして、じっくりと読み込んで欲しいと思う。

 

 長野市議 小泉一真net 「経済効果13.6億円のフシギ‐AC長野パルセイロ」

    http://koizumikazuma.blog.fc2.com/blog-entry-782.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

#hanairo 2回目のぼんぼり祭り③ 

夜になって、奉納のぼんぼりに灯りがともって、温泉街の雰囲気も一変。

093


旅館街のお祭りらしく、ゆっくりと夕食をとった宿泊客に合わせて、ずいぶんと遅い時間になった訳だけど、ぼんぼり祭りのクライマックスの、“のぞみ札のお焚き上げ”。

083

それぞれの願いを託した「のぞみ札」を燃やして、出雲に集まる神様に届けるという事。

 

 

で、ね。

今年の「のぞみ札」にも、ツエーゲン絡みのお願い。

でも、ちょっと託す事ができなかった。

せめて、“準加盟”した上でじゃないと、神様に失礼。

と、思ったから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

#hanairo 2回目のぼんぼり祭り②

5000人とか、7000人とかを集める大規模なイベントでも、2回目となると随分運営も手慣れたものになってくる。

ライブイベントを、予想外の人手になった場合でも捌きやすい、小学校の校庭で実施したり。

027

個人協賛という形でのぼんぼりが増えたり、混雑が予想される会場の事前抽選とかで、1ヶ所に人が集中するのをコントロール。

048

ま、黙々と長蛇の列に耐える、来場者の忍耐力に頼るという一面もあるんだけど、ね。

024

そんな中で、地元の商店街からも出店。タイアップ商品も増えたし、年間の観光客の1割が、ぼんぼり祭りの1日に集中するという事だから、湯涌温泉の一大イベントとして認識されつつあるのかもしれない。

031


もちろん、定着というには、5年とか10年の歳月が必要で、定着した時には「アニメから始まった」なんて事が忘れられ、昔から続いていた「お祭り」となっていれば良いな、と思う。

050

《10月、出雲に帰る小さな女の子の神様の道しるべのぼんぼりに、願いを込めたのぞみ札を託す》 ってだけで、十分にドラマとなる設定。大事に育てないと・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめての“残留争い”だけど、こんな形で終わりたくは無かった。 #jfl #zweigen

JFLから入れ替え戦のレギュレーション変更の発表。

もちろん、噂となっていた、SAGAWA SHIGA FCのJFL退会への対応なんだけど、こういう形での『残留確定』なんて望んではいなかった。

Jリーグ準加盟の申請ができないクラブの状況から、今季のツエーゲンの苦戦はわかっていたけど、“残留争い”に巻き込まれるほどの低迷は予定外。

でも、しばらく忘れていたギリギリの戦いが、もしかするとツエーゲンと金沢や石川県の、「なんかのキッカケになるかも?」なんて事も考えてはいた。

とは言っても自動降格では困る。でも、勝ち残る事が大前提だけど、金沢を舞台にした入れ替え戦に、もう一度、違う立場でのぞむことができれば、けっこう大きな意味を持つかもしれないな、って。

何とも納得のいかない、今日の『JFL残留確定』のお知らせ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

#hanairo 2回目のぼんぼり祭り①

湯涌温泉の「ぼんぼり祭り」は今年で2回目。

033

金沢の奥座敷「湯涌温泉」が、一日だけ「湯乃鷺温泉」へと看板を掛け替える。アニメで登場したお祭りを、現実にやってしまうという珍しい取り組みだけど、昨年の5000人を上回る7000人の人が、山の奥の温泉街に集まる。

044

ま、人が集まるという事で、イロイロ商売っ気も出てくるわけで、オムライスの里の宝達志水町も、去年は無かった、特別バージョンのオムライスを用意する。

060

あの、北國新聞すら、コレクターごころを見透かしての、新聞販売ブースを設けるって、それなりに対処方法を覚えてきている。

059

で、お祭りの本筋はと言えば、やっぱり「のぞみ札」という事になるんだけど、ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SAGAWA SHIGA FCが廃部に #jfl

朝、ツィッターから飛び込んできたニュースは、SAGAWA SHIGA FCのJFL脱退という報道。

イロイロと、情報のソースの確認していたわけだけど・・・。

672711328

リーグの強豪中の強豪だし、ツエーゲン的には、思い出深い試合も多かったチーム、対戦の相性も良かっただけに残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誰だろう?もしかすると身近な人?? #zweigen

JFLの10000ゴール。刻々と変化する状況の中で、チャンスはツエーゲンに巡ってきた。

で、リーグのゴール達成者予想投票の結果。

的中者は6名!誰だろう?意外に身近な人かもしれないね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月13日はいろいろ #fukui の日。

10月13日早朝の親善試合のサッカー日本代表がフランス代表に勝ったらしい。

ま、予想外の出来事だったのか、テレビ中継のテロップは『日本、フランスに惜敗』だったようだけど、ね。

D9aed31f


でも、そんな日本VSフランスの試合のことより、今日から始まり、サウルコス福井が出場する“全社”全国社会人サッカー大会の方が気になっていて、試合をやっていた事自体を忘れていたんだな。

という事で、後出しにならないうちに、ベスト4は 【Aブロック】 福島ユナイテッド 【Bブロック】 ヴォルカ鹿児島 【Cブロック】 FC大阪 【Dブロック】 サウルコス福井 と予想。

で、去年、一日だけ見に行った全社岐阜大会が、とにかく楽しかった。だから、2年後と5年後の和歌山大会、福井大会、そして、もうちょっと先だけど三重大会に期待しよう、と。

 

あと、10月13日は映画「旅の贈りもの~明日へ~」の福井県先行上映の初日。

Dvc00830


エキストラとして、家族で協力した福井県のご当地映画だから、どんなふうに描かれているのか興味がある。

ということで、1回目の上映時間目指して福井方面に出動。同時刻のサウルコスの初戦と合わせて、二重の意味で「ガンバレ!福井!!」というか、「♪GO!GO!Let,sGo!サウルコス!日本海のカニ飯パワー!スタミナ満点!止まらないとめられない!!」だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少し遅いが・・・。 #zweigen

気がつくのが少し遅かった、でも『五月』って、ま、報告の方も遅かったということ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は東北地方に注目 #zweigen

ツエーゲンの今日の対戦相手はブラウブリッツ秋田。アウェイゲームということで秋田県での対戦。アウェーゲン的には、勝ちを見込める、残り少ないアウェイゲームだから、キチンと勝ち点を拾っておいて欲しい。

で、ツエーゲンの試合会場のすぐそばで、東北リーグ2部の試合。こちらにも、ツエーゲン所縁の選手が出場するようだ。で、今日の東北地方で一番の注目は、たぶん、福島県のあづま競技場の東北リーグ1部の最終決戦のグルージャ盛岡vs福島ユナイテッド。
 
 
 
 
でも、ね。
これから、無料相談会の相談員、情報シャットダウンの3時間、気を揉む午後になりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

#国体 サッカー成年男子は京都府優勝!

ぎふ清流国体のサッカー競技、成年男子の出場は16チーム。

トーナメント方式だから、優勝戦までは4試合が必要ということで、35分ハーフ選手交代は5人までというルールでも、4日で4試合というハードなスケジュールになる。

短期集中はアマチュアの大会ならではで、週末のスケジュールを調整すれば「何とかなるよ」みたいな感じなんだろうけど、ね。

 

京都府代表(佐川印刷SC)的には、秋のミニ合宿。

岩手県代表(グルージャ盛岡)的には、福島Uとの天王山前の決起大会。

 

ま、仕事を休む大義名分として国体は最適だとは思うから、考え方次第ではあるけど、この4連戦、週末の試合に向けての調整は難しそうだなと思ってしまう。

 

 

でもね・・・。

094

095

096


097

098_2

099

099_2

『優勝』っていいな。

 


102


おめでとう佐川印刷SC!

おめでとうプリントダイナマイト!!

 

 

 

で、表彰式。

111

3位・4位の表彰式にはいなかった、マスコットキャラの“みなも”が参加していて、やっぱり3位決定戦の悲哀を強く感じてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

#国体 版、“神様、仏様、鳴尾さま”と、「交代、俺」。

「“お金が無いから”高速道路は使えない」とか、「“お金が無いから”入場料金が要らない国体観戦」とか、「“お金が無いから”期待していたふるまい豚汁」とか、自虐系のツィートとかブログってのも、度をこすと、あんまり良いものでもない。

だから、「高速道路じゃ見落とすような季節の変り目」とか、「お金をとる試合じゃないからこそ見れるプライド」とかを見つける事ができた、って、ね。

124

で、三位決定戦の表彰式を見ているうちに、「ふるまい豚汁からあぶれた」んで、今回の遠征唯一の食事は、ぎふ清流国体限定ご当地おにぎり“だけ”ということになったのだけど、空腹というソースも加わって、とても美味しかった。

 

豚汁を美味しそうに食べる人達を横目にスタンドに戻ると、石川県vs茨城県の三位決定戦の後には、京都府vs岩手県の決勝戦。と、言っても、京都は、実質“佐川印刷SC”だったし、岩手も、ほぼ“グルージャ盛岡”という編成。

だから、JFLvs東北リーグ一部のカテゴリーの差はどんなものか興味があった。というより、ちょっと悲観的に見ると、きたるべき入れ替え戦に備えてのスカウティング活動かな。

050

で、今年の岩手県代表と言えば、現役復帰、準々決勝に途中出場の「神様、仏様、鳴尾さま」の鳴尾直軌に注目ということ。加えて言うなら「ナルオナオキスーパースター」か。

052

岩手県選抜(という名のグルージャ盛岡)のコーチングエリアの、ビブスを付けた、選手兼任の鳴尾監督の方にどうしても目が行く。

前半、ほぼ、京都府選抜(という名の佐川印刷SC)のハーフコートサッカーだったから、どちらも見れて非常に見やすかった。で、ハーフコート状態ながら岩手もよく持ちこたえ[0-0]で折り返す。

059

アマチュアの大会っぽい、フル-オープンなロッカーで、ホワイトボードを囲んでミーティングのあと、円陣で檄を入れて後半戦。

067

後半早々に京都が先制。ほどなくしての2点目の失点で、GKを含む選手交代とかでベンチで監督が動きだす。

079_2

ベンチ裏でも監督が動き出す、というか、アップを始める。

080

で、「交代、俺」というわけ。

082

試合終了5分前からのスペクタクルだけでも、大垣まで行った価値はあったかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

#国体 三位決定戦、感想は「豚汁、食べたかった」かな?

ぎふ清流国体、サッカー成年男子は最終日の11時からの“3位決定戦”に進出。

ちょっと、ナビで、試合会場の浅中グラウンドをシミュレーションしてみると、距離で約150キロ、高速を使えば2時間少々、一般道でも4時間まではかからないって結果。

岐阜とはいっても、西の端っこの大垣までなら案外近い。「試合観戦は無料」とか、「高速代を使わなくっても済むなら」とか、「昼食には無料の豚汁サービス」とかが頭の中をうごめいて・・・。

早朝、明るくなるのを待って石川県の西の端っこを出発。

ま、週末はなんやかやと仕事で、半日とはいっても土曜日曜と休日出勤だから代休ってことにした。

で、ね。平日の早朝、通勤渋滞とは逆方向にドライブというのは、けっこう快感。

試合開始の30分ほど前に試合会場に到着、ほどなく始まった試合は、青色ユニフォームの石川県と、白色ユニフォームの茨城県の対戦。

011

ファーストシュートこそ茨城県チームだったけど、昨日の、京都府代表という名前の“JFL”佐川印刷SCとは違って、ほぼ互角のチーム状況かなって?

012

でも、前半の早い時間にカウンターからの失点。終了間際にセットプレーからの失点と、2点のビハインド。

015

逆転へと、ベンチの動きが慌ただしくなってきたんだけど、後半、GKへのバックパスがカットされて3点差。

035_2

久々に国体へ出場した石川県代表の“中野ISHIKAWA”は四位。

036

でも、若いチームだし、県内4チームからの混成チーム。岐阜国体で、最終日まで試合が出来たって事は、来年に向けて良い経験になるんじゃないかな?

042

四位の賞状以上のものが、“中野ISHIKAWA”に蓄積されたって事で、来年の東京国体でも見てみたいチームができた。

048

 

 

で、表彰式が終わって「豚汁」コーナーにたどりついいたのが12時40分ごろ。大鍋の上には『ふるまい豚汁は好評につき終了いたしました』の貼り紙。

3位決定戦の最中に、午後1時キックオフの京都府代表と岩手県代表の応援客に食べ尽くされたみたい。これが『3位決定戦の悲哀』ってヤツ???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

#国体 成年男子、サッカー石川県代表が快進撃!

岐阜県で開催中の国体で、サッカー成年男子チームが快進撃。地元の代表だし、ツエーゲンに関わった選手や関係者も多いという事で注目していた。

で、成績はと言えば、一回戦は長崎県に[2-1]で勝利。準々決勝も[2-1]で高知県に勝って、今日の準決勝は京都府と対戦。

京都府の国体チームといえば、ほぼ、ツエーゲンが先々週に対戦[2-1]で逃げ切った佐川印刷SCということらしい。JFLカテゴリーのチームがまるまる出場というのもなんなんだけど、国体で四連戦して週末はJFLのリーグ戦というスケジュールは、佐川印刷の選手としてはどうなんだろう?

試合結果は、やっぱりカテゴリーの違いを見せつけられる[0-3]での敗戦。

でも、ね。準決勝まで勝ち上がったって事は、明日は3位決定戦。競技の別なく、ロンドンオリンピックでも一番面白い試合を見せてくれたのは銅メダルを賭けた試合だったと思う。(「思もおう」かな?)

『金と同じと書いて「銅」』なんて、使い古された表現だけど、石川県選手団として史上最高順位を目指して欲しい。

注目の試合は、明日11時キックオフ。試合会場は岐阜県大垣市。

 

岐阜と言っても一番はしっこ。高速ならば3時間もかからない距離。ミョーにそそられる展開かな?

 

岩手県代表という名の「鳴尾直軌のグルージャ盛岡」も見れるし・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風の中で試合! #zweigen vs #fcmio はロスタイム同点弾!!

どうも、『相性の合わない』というのはあるもので・・・。

「何度やっても勝てない」「勝ったと思ったらまさかの同点」という相手は、地域リーグ時代だったらJSCだったし、JFLではMio滋賀かな?

034

で、昨日のMioとの対戦、石舘が記念のJFL10000ゴールで先制したと思ったら、すかさず同点。前半最後には、ちょっと不可解な判定でのPKで逆転されてしまうという、絵にかいたような相性の悪さ。

でもね、台風の中の試合、外出自粛の呼び掛けの中集まってきた522人の観客。

038

こうなると、「相性が悪い」ってだけでは済まなくなる。結果は、ロスタイムの同点弾というわけ。絶望的に相性が悪い相手に同点に追いつけたというだけでも十分、濡れ鼠の観客に応える事が出来たと思う。

で、最後の数分での逆転を目指して、早い試合再開を要求するボールのセット。

060

見に行って〝ホントに良かった〟と思える試合。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »