« 「また」なのだ #zweigen | トップページ | [ #fukui でロケ] 旅の贈りもの~明日へ~  »

新の家は“あわら市桑原”仮説を証明する(下) #ちはやふる

新の家の所在地を、桑原という集落ではないかと推理した訳だけど、次は新の自宅・・・。

典型的な北陸の農村という感じの集落の中に、これまた、典型的なニュータウンぽい自宅が建っているのかという疑問。

O0400022411597801292

北陸地方の農村集落を知っているなら、アニメで描かれたようなニュータウンっぽい家が、いかに農村集落に似つかわしくないかは理解してもらえると思う。

でも・・・。

集落の中をブラブラ歩いてみると、もっと農村集落に不似合いな、天文観測ドームが現われたりするから、案外、桑原ならば「もしかすると?」って、思わせられもする。

Dvc00855_2

ということで、桑原で一番、アニメの綿谷家に似てるかな、と、思った、コンクリートブロックに囲まれた切妻の家がコレ。

Dvc00852


ココを、あわら市桑原の綿谷家(仮)と個人的に認定しようかな?

 

 

ま、そんな「ちはやふる」芦原温泉駅周辺探訪だけど、コミック版の方の最新の話では、新の東京の大学進学が確定的な状況だし、芦原温泉駅の周辺を舞台としたシーンの出番は少なくなってくると思う。

だからという訳じゃないけど、芦原温泉駅周辺をもう少し取り上げて欲しい、かな?

Dvc00853


幼少期のエピソードで、神社とか、児童館とか・・・で。(おわり)

|

« 「また」なのだ #zweigen | トップページ | [ #fukui でロケ] 旅の贈りもの~明日へ~  »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/436061/44998576

この記事へのトラックバック一覧です: 新の家は“あわら市桑原”仮説を証明する(下) #ちはやふる :

« 「また」なのだ #zweigen | トップページ | [ #fukui でロケ] 旅の贈りもの~明日へ~  »