« ゲンゾー2012年バージョン #zweigen | トップページ | サウルコスのイメージは“≒無駄美人” »

#zweigen のマーケティング戦略

ホントだったらホームで開幕・・・。

と、いつまで言ってても仕方がないのだけど、「良い試合だった」とか「3000人オーバーの観客」とか「ユーチューブで試合を中継」とか、他のチームのアレやコレやを聞くと、やっぱり残念。

で、中でも衝撃的な情報がコイツ。

6f3ab516

例の「萌え萌えカード」が看板サイズに拡大されて、スタジアムのウエルカム・ボードになったという話。

806d04d3b8c89556baa614d8477b59f7

どうやら、複数個所に掲示されているようだし、サイズ的には、ほぼ等身大!

ま、正攻法なら“マスコット”という事なんだけど、“クール・ジャパン”というか、世界を席巻する“オタク文化”を持ち込む先見性に、まずは拍手だ。

何事も、先駆者、創始者のメリットは大きいわけで、“萌え”という面では、他の追随を許さない確固たる地位を確立したと思う。

個人的な感想で言うなら、“ツインテール”率の高さも気になるし、次のステップでの立体化にも期待したいところ。

 

昨シーズン、正攻法の“マスコット”というマーケット戦略を選択したツエーゲンの、今シーズンと言えば、“オフィシャル・カフェ”の運営。

Fb_cover04640x315


ツエーゲン公式カフェ 「ロッカールーム・カフェ」 は3月25日にオープン!

|

« ゲンゾー2012年バージョン #zweigen | トップページ | サウルコスのイメージは“≒無駄美人” »

ツエーゲン金沢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/436061/44499520

この記事へのトラックバック一覧です: #zweigen のマーケティング戦略:

« ゲンゾー2012年バージョン #zweigen | トップページ | サウルコスのイメージは“≒無駄美人” »