« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

大晦日だから(3) #nhk

大晦日だから(3) #nhk
氏神さまの大祓が終わって紅白。これも、「大晦日だから」か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大晦日だから(2) #kaga

大晦日(2)
今年の終いのお風呂は温泉(山中温泉総湯)で!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大晦日だから(1)

大晦日だから(<br />
 1)
あの日からずっと掲げてきた、ソニー仙台FCのミニフラッグ降納。

Jへの昇格特例が無くなって、上にも、下にも、自動入れ替えや、入れ替え戦が適用される。

ということで、来季は全チームがライバル。マジで厳しいシーズンになりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シリアル№00013

掃除に明け暮れ、メールチェックも出来なかった暮れの1日、日付も変わって大晦日になって、やっと開いたメールボックスに、『2011年ツエーゲン・イヤーブック』が届いていた。

 

この4,707KBの電子版イヤーブック、

12番のサポーターナンバーのところにローマ字で名前入り。

イヤーブックのシリアルナンバー「13番」で配信。

 

ここ数年の「ツエーゲンを代表する選手」の背番号は、3年の所属期間ラストイヤーのシリアルナンバーとしては、ホント、記憶に残る数字ということでミョーに嬉しかったりする。

 

もちろん、イヤーブック自体も、

100ページの労作だし、印象に残る写真も多い。

 

特にラストページの全選手のコメント。シーズンを通しての課題みたいな重い言葉もあるし、来季の契約を匂わす言葉なんかも。

 

時間に余裕のある正月だから、じっくり読み込んでみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オフサイド・バックパッカーズ(9)

(3)

スロープ状の展示施設を巡るベンツ・ミュージアムは、思った以上に歩くことになった。展示してある車両も、日本の皇室御用達のリムジンや、映画スターの愛車などで、とても興味深い。試合開始前の暇潰しの駆け足で巡るには惜しい気もしたが、ここは、ブンデスリーグの試合への興味の方が勝った、と、いうことで早々に切り上げる。

964

先程は、閑散とした通りのアスファルトが目についたのだが、わずかの間に一転、スタジアム前の人混みを、騎馬警官が慣れた手順で捌いている。

クラブハウスの前のオープンカフェでは、まだまだ席を立つには早すぎるといった風情で、ジョッキを傾けつつ、ユース辺りと思われる年代の練習風景を眺めたり、今日の試合展開を予想といった雑談中の年季の入った人達を横目に、さっきはまだ無かった、ニットのクラブカラーのマフラーを広げた露店を覗き見ながらスタジアムに向かった。

監獄といった方が適当な表現の、狭い入り口でチケットをもぎってもらい、指定のエリアの示す、赤い矢印に沿ってコンクリートの階段を登ると、急傾斜のスタンド席と緑の芝生が、これぞ本場のフットボールスタジアムという雰囲気と共に、視界いっぱいに飛び込んでくる。

少し興奮が収まるのを待ち、割り当てられたシート番号を探し出すと、スタジアム全体を俯瞰で見渡すというより、ホームチームの応援の波に飲み込まれるといった位置取りの席。確かに良席ではあるが、初見の外国人観客には少しツライ席でもある。

熱烈なサポーターといった人達の隣で、何もしないで観るというのも考えもの、と、スタジアムの売店で赤色のマフラーを買い込み、急いで席へと戻った。

正規品を示すフォログラムシールを貼ったマフラーは、外の露店のバッタものより、ビール2杯分ほど高価であった。

_264_2 「少し手順を間違えたかな…」と後悔しつつ、スタジアムの楽しみと期待していた、本場ドイツのソーセージを諦め、潰れるのを惜しんで、サブザックに詰め替えておいたフランス産のバケットを、ビールで胃袋に流し込んだ。(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私と松本君と長野さん“R” 「小さな恋のメロディ」

どうやら振られちゃったみたい。もちろん私だけでなく長野さんも…。

  

長野さんは、「私の方から振ってやった」なんて強がり言ってる。けど、随分こたえてるって分かるのは、長年の恋のライバルだから。

まさか、最後に町田さんと駆け落ち、だなんて、ね。

長いあいだ一緒だったから、私も長野さんも「松本君はコッチ側のヒト!」なんて、勝手に安心してたのがいけなかったのかな?

 

でもね、松本君とか町田さんを見てて思うの。

 

まだ、早すぎるんじゃないかなぁって。純粋過ぎる恋というのも良いのだけど、やっぱり、子供。「一緒にいたい」ってだけで、早足で駆け抜ける。たぶん、大人の世界でも、いじめられるんじゃないのかなぁ、なんて、ね。

 

町田さんはしっかりしてるから大丈夫だと思うのだけど…、松本君は心配だなぁ。

 

 

 

【お知らせ】 

作者都合により 「私と松本君と長野さん」 は、今回で連載中止となりました。長い間のご愛読ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

合同ファン感謝デー

クリスマスの体育館で、金沢をホームにするプロスポーツチーム3チーム合同のファン感イベント。

Ahe31fqcmaevtds  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、朝日新聞の記事http://mytown.asahi.com/ishikawa/news.php?k_id=18000001112260001】でも雰囲気が…。

楽しいイベントでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

静岡生まれの…

1324569537

 

 

 

 

ツエーゲンから、高卒ルーキー加入の発表。ホントに若いし、Jクラブのユースから直接加入というのは初めて?
同じ中部地方ながら、静岡とは、随分と気候や風土が違う金沢だけど、ま、大丈夫だろう、と、思えるツイッターの対応ぶり。
あと、函南って地名に、個人的にミョーに反応してしまったのは、故郷を離れての初めての一人暮らしが、函南町の隣町の三島市だったからかも?
あそこも、魚の美味しい港が近くにあって温泉も近い、暮らし良い町だったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスは“ #kanazawa プロスポーツファン感謝デー”へ!

金沢市広報の新聞版に、25日のプロスポーツファン感謝デーの案内。

Ahemtgecqael3g0  

 

 

 

 

 

 

 

 

金沢市が音頭をとって実現した、サッカー・野球・バスケの3クラブの“合同ファン感イベント”ということ。

以前から、ツエーゲンも、ミリオンスターズブルースパークスと連携したPRをすれば良いのにって思っていたから、こういう金沢市の取り組みにこそ、むしろ『感謝』って感じ。

|

SAGAWA EXPRESS の社風??

日経新聞のSAGAWA SHIGA FCの事を書いたコラムが評判になっている。

Ahkjiiaciaetfpw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう感じの“クラブの伝統”って、ホント、良いなと思う。

別に大げさにお金をかけなくっても、クラブの特徴は作れるということ。とりあえず、自分へのメモとして保存しとこ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎年のことだけど

シーズンが終わって、毎年の事とは言っても少しツライ季節。

Ahhstumcqaatwmb  

 

 

 

で、13番離脱の知らせ・・・

 

 

シーズン途中の加入から3年か。と、いうことで古い動画(http://youtu.be/HkAOfj6ecRY)の試合後のコメントを引っ張り出してみる。

もちろん、公約の 「JFL昇格」 は達成してくれたわけで、感謝という言葉しか思い浮ばないな。

Wiki(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E9%83%A8%E5%81%A5%E5%A4%AA)の方は、さっそく書き換えられてしまったのだけど、崖っぷちのJFL昇格争いの中、レンタル延長の申し出とか、とにかく、記憶に残る選手だった。

 

ホント、ピッチの中でも、ピッチの外でも。

 

※アメブロ( http://ameblo.jp/furuken13/entry-11112353025.html )にはアクセスしずらいので、コッチの方でコメント。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »