« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

ブラウブリッツ戦の前は・・・

しばらく更新を止めてた間に、ツエーゲンの成績は昇格圏のボーダー上。観客動員の方も1万人動員の効果もあってか、もう少し頑張れば (というか、松本さんが頑張って4000人位来場してくれれば) 昇格基準も見えてくる。

で、残された問題は“スタジアム”か。

西部緑地公園陸上競技場の改修待ちなんだけど、Jリーグの求める要件に加えて、バリアフリーの改修も進めて欲しい。というのは、今の競技場の設備の中に、車イスへの対応が欠けているように思うから。

車イス席はスタンドに見当たらないし、メインスタンドに直接アクセスできるエレベータも無い。車イス対応というか、少し足腰に自信がない高齢者だったら、ちょっと尻込みしてしまうかもってスタジアムなのかも?

階段ぐらい、「声をかければちゃんと昇り降りさせてあげるよ」と言うかもしれないけど、トイレとかの用事の場合、やっぱり声をかけにくい。ある程度、行動の自由がきけば利くほど、そんな風に感じるというのは、「寝たきり→車イス→歩行器→松葉杖」と半年間の入院生活をおくった時の実感。

ま、そんなバリアフリーのスタジアムの聞き取りってこと、で。

25日のブラウブリッツとの対戦前に立ち寄ってもらいたいのが、「障害者ふれあいフェスティバル2011」の会場。なぜか毎年、ツエーゲンの西部緑地開催と被るように、産展4号館で開催されている。

今年のプログラム、“元祖ロックの女王”白井貴子のミニコンサートが目玉イベントのようだけど、毎年恒例の車イスサッカーの体験イベントなんかもやってる。ツエーゲンの試合前イベントでは、台風の影響で中止になった東北産品コーナーも有るようだ。

早めに西部緑地入りして、ふれあいフェスティバルの方ものぞいて欲しい。

特に、試合前の会場周辺ジョギングが儀式の9番。毎回、思わぬところで鉢合わせしてビックリさせられるのだけど、今度の日曜日のジョギングコース、できれば4号館方面にお願いできないものかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四十九日

八月のあの日から、ようやく四十九日。

 

いろいろ揶揄してきた相手に、まさかの事故が起きて、必要以上に負担をかけさせた原因の、何千分の一とか何万分の一とかには関わってしまったのでは? と、少なからずショックを感じてもいた。

 

 

一般的な服喪の期間もあけたという事で、少しづつ更新を再開してみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »