« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

6月の第1土曜日は百万石まつり

ここ数日のインフルエンザから回復。すこしだけ、クリアになった体調で、行けそうな試合とか、ココは絶対ダメって日程、赤ペンで書き込みながら今季の日程表を見直す。

 

 

  今年は、ナイター開催が多くって楽しそうだ・・・

              

  でも、ゴールデンウィークの夜は結構寒いぞ・・・

               

  次のナイター開催は“6月の第1土曜日”か・・・

 

  このあたりなら、ビール片手のナイターが心地よくなってる・・・

 

  でも、梅雨入り?雨が心配??はて、何かあったような???

 

 

『百万石まつり』とモロかぶりなのに気付いてオロオロしています。という事で、『北國花火』とか、その他の金沢関係のイベントとのバッテイング状況はどのようなものだろうかと不安になって、再び発熱!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JFLの日程発表

今季のツエーゲンの日程発表。西部緑地が14試合で市民サッカー場が2試合、津幡が1試合。西部緑地での試合が増えた事が素直に嬉しい。

110224t_01nittei2_2

あとは、4月30日にアルウィンで7月3日が南長野という、長野(県)ダービーの日程がわかれば十分かな。

で、7月3日分のチケットの発売日はいつごろなんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

讃岐富士

カマタマーレとのTMは敗戦。ま、昨日の今日だし、御祝儀代わりという事で、ね。

自分トコがアレな状態だったせいで、すっかり遅れてしまったのだけれど、『準加盟おめでとう』ということ。随分昔になるけど、1年近く住んだ事がある街だから、いわゆる『?』番目の故郷みたいな感覚もある。

で、準加盟の公式発表に記載されてたホームスタジアムが、丸亀競技場。

高松時代は、栗林公園のそばに住んでたんで、丸亀と言われるとチョットどころか、結構な違和感を感じたりもする。あそこまでたどり着こうと思うと、小1時間はかかるって感覚。

まぁ、設備的には2層構造のメインスタンドを持つ3万人クラスの陸上競技場ということだから、かなり立派なスタジアムだし、試合観戦という意味では期待しているのだけど、ね。

B77143dd6b0d1574a2f1d91a3642b727

あと、高松時代に登ろうと思いつつ、結局登れなかった“讃岐富士”

今年は観戦ついでに登ってみよう。

|

パンドラの箱の底に残ったもの・・・

昨夜からの情報錯綜で、ツエーゲンの今年の立ち位置がハッキリしない。

「まったく可能性が無い訳ではない」という社長発言のせいで、少しばかり判断に苦しんでいたのだけど、状況的には琉球も同じかな? 

と、いうことで、参考になるかもしれないから、アッチの状況を確認してみる。

 

  【沖縄タイムス(WEB版)】 

榊原代表は今回の結果を「もう一歩のところまできている。前進」ととらえ、2012年の昇格を目指し、これらの問題を解決して再度審議を受けたいとの考えを示す。07年にはFC岐阜が2月に継続審議となりながら、3月に承認され翌年にはJ2に昇格した前例がある。

 秋にはJ2昇格へ最後の関門となる入会審査がある。9月にはその予備審査があり、それまでには準加盟を承認されなければならない。今回課せられた課題の解決には、時間的な制約も伴う。榊原代表も「6月までが勝負」と話す。

 

で、ツエーゲンの方でも、本日午前リリースの北陸中日新聞のWEB版に新情報。昨日のTV報道や、今朝の宅配版の新聞紙面には書かれてなかった、金沢市長のコメントが書き加えられている。

 

  【北陸中日新聞(WEB版)】  

金沢市の山野之義市長は「残念だが、クラブ、県市サッカー協会、行政に勉強、準備する期間、猶予を頂いたと考えたい」とコメント。Jリーグのチーム誕生を目指すことについて「新幹線開通に向けて一つの起爆剤となり、地域振興に寄与する。行政側に解決すべき点があれば、県とも協調して検討したい」と支援を約束した。

  

パンドラの箱の中からは病気、盗み、ねたみ、憎しみ、悪だくみなどのあらゆる悪が、人間の世界に飛び散った。

でも、最後に箱の中から出てきたものは『希望』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハッキリしたからOK

ツエーゲン、2月の理事会での審査で『準加盟』は認められなかった。

  【ツエーゲン金沢オフィシャルサイト】

あと、新聞やテレビでも、カマタマーレの準加盟承認とツエーゲンと琉球の準加盟が認められなかったという報道。

  【テレビ金沢・ニュース動画】

  【北國・富山新聞】

  【毎日新聞】

継続審査とは言っているけど、NHKのローカルニュースから聞きとれた、米沢社長の声からは、最も早いパターンで、4月までに運営会社の方針を作って理事会に報告する。運営会社の適否の結果が6月に出るから、認められれば、9月の理事会に向けて再申請する、という、タイムテーブル。だから、準加盟は1年先送りという理解で良いのかもしれない。

でも、どうせ遅れるなら、変に付け焼刃の改修で、試合が見にくい陸上スタジアムをホームにしたチームになるより、ここはじっくり腰を据え、金沢市長の市民サッカー場改修を具体化して、小振りで臨場感あふれる専スタをホームのチームを目指す方が、長い目で見れば幸せなのかもしれない、とも思う。

ということで、今、所属している選手には申し訳ないなだけれども、これから20年も、30年も付き合わなければならない地元のクラブだから、ホントに快適なサッカー観戦を目指して、“Jリーグ昇格”は、さほどあせらなくても良いのでは、というのが本音。

 

去年1年のJFL観戦で、一年を通してサッカーを観戦できるという楽しみ方を経験させてもらったし、ツエーゲン発足以来の地域リーグ観戦で、地元のサッカーチームの試合を見るという楽しみ方も勉強できた。

あと1ヶ月程でJFLのシーズン開幕。そのあとすぐに北信越リーグも開幕。たとえ“Jリーグ昇格”の可能性が消えたとしても、今シーズンもまた、ワクワクドキドキの日々が始まるんだ、と、思う。

だから、『準加盟』云々は別にして、今年もツエーゲンを応援。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私と松本くんと長野さん“R” 「バレンタインデーだけどゴメンなさい」

学校の行き帰りに目にする予備校。『現役合格40人は当予備校出身!』って、派手な看板がかかってる。

「そんなにうまく行くわけないじゃん」って、あんまり気にしてなかったんだけど、どうやら噂は本当みたい。

Toshin03 今年、いっしょのクラスになった、留年(?)回生の鳥取センパイ。やっぱり、アソコに通っていたんだって教えてくれた。やっと“進学”できたから、「高い月謝も無駄じゃ無いよ」だって。

あと、センパイがね、「松本も去年から…」って教えてくれたの。

だからね、イロイロと松本くんに聞いてみたの。ウチのクラスじゃ他にも、長崎くんと町田さんも通っているんだって。でね、とっても課題提出が厳しくって、宿題も多いって言ってた。

去年の秋の集中講習の時、長崎くんと町田さん、課題提出に遅れたら、せっかく書いた“小論文”を受け取っても貰えなかったんだって。

ま、そんなスパルタ式だから、『現役合格!』なんて言えるのかな?

やっぱり、一人っきりで勉強するのは不安だし、今年は私も通おうかなって、申し込み書を出しに行ったの。そしたら、ね、予備校の前で琉球さんとバッタリ会っちゃった。

彼女も、「絶対合格したいから」って、パパにお願いしたら、今年は、予備校の月謝を出してもらえるようになったんだって。

予備校の受付でね、事務所のお姉さんが、来年いっしょのクラスになる釜玉くんも、「早々に申し込み書を書いてったわよ」って教えてくれたの。

みんなが予備校に通っちゃうと、結局、試験は厳しくなっちゃう??

そんな、予備校の選抜試験、明日が合格発表の日。だから、今年のバレンタインデーはハラハラドキドキ。チョコなんて作ってる余裕もないの。だから、クラスのみんな、ホントにゴメンなさい。

でも、ホワイトデーは期待してるわ、オトコノコでしょ。(はぁと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『石川から世界へ』 #zweigen & Seattle Standard Cafe'

今日は、小沢一郎のユースト記者会見から、シアトルスタンダードカフェのユーストLIVEへと、Ustream三昧。

こんな手段で情報を発信できるとなると、どこかを切り取ったり、都合のよいように編集することもできなくなるし、情報操作も困難。もうマスコミは居場所がなくなる?

ユーストリームでライブを視聴した“シアスタ”=シアトルスタンダードカフェだけど、金沢をベースに活動する“百万石ロックバンド”。けっこうノリの良い曲だし、日韓混交のツインボーカルというのも面白い。

台湾や中国でもメジャーデビューしているようで、ツエーゲンと同じく『石川から世界へ』というのを実践しているバンドのようだ。

今年から、“イニ”=チェ・スンインが前線に加わる事だし、スタジアムBGMにシアスタの「チング-friend-」あたりを使うのも良いかもしれない。新曲のプロモーションとコラボするのも面白いかもって感じた。

6人組のバンドだから、西部緑地陸上競技場の演奏でも、大きさ負けせずにやれるかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レプリカユニフォームは開幕戦に間に合うのか?

物干し竿に、2011021001_2同じような色合い・デザインのレプリカユニフォームが並んでいるのを見て、「また同じモノを・・・」って文句を言われる事が多々ある。

スポンサーロゴの場所だとか、字体だとか、ま、ビミョーに違うのだよという説明も疲れるので、あまり詳しく説明はしないようにしている。

そんな中で、アルウィンでのレプリカユニフォームの着用率はちょっと異常な数字。しかも、そのほとんどが、最新のモデルという事も、ね。

ツエーゲンと同じで、大手企業の後ろ盾を持たない以上、入場料収入やグッズ収入はクラブ経営の要になる訳で、まとまった収入が見込めるというのは助かる。

で、今シーズンのニューモデルも、発売10日で1300枚が売れた、と、いうことらしい。

約13000円のレプリカユニフォームにどれだけ上乗せしているのかはわからないけど、2割の純益ならば、(13000×0.2×1300枚=3380000円)と、クラブとしてもけっこう大きな金額。

売上自体もそうだけど、スタジアムが自社のロゴのレプリカユニフォームで埋まるというのは、スポンサー冥利に尽きるんじゃないか、と、コッチの波及効果も大きい。

という事で、最新モデルのレプリカユニフォームを買い続けること、最新モデルのレプリカユニフォームをスタジアムで着ること、の意味だ、と、「同じモノを何枚も・・・」と言う人への言い訳。

2011_3 そう、近々、大き目の出費が見込まれる訳で、言い訳といおうか・・・。

クラブをサポートするという意味で、「ライバルチームであっても見習わないといけない」と、自分の消費行動を正当化してみる。

ところで、噂の『新デザイン』のレプリカユニフォーム。開幕戦までには間に合う??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツエーゲンの特番というよりゼルビアの検証番組だった

あと1週間で、Jリーグへの準加盟の結果が出る。と、いう事で、地元ローカル局の準加盟についての特集番組

商店街に並ぶフラッグや、市役所の壁のタペストリー、こんな協力関係もまだまだできていないツエーゲンだから、厳しい結果もある程度は覚悟している。

だからこそ、ゼルビアが、番組中の『悲劇』と形容された現実を、『悲劇』のままで終わらせないでどう乗り切るのかという事にも興味がある。

とは言いつつ、Jリーグの残された席は少ない訳で、やっぱり、どこのクラブにも先を越される訳にはいかない。という結論。

1週間後、どう動くか、オプションは考えておく必要がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲレンデ?ピッチ??~本日の北陸大学フットボールパーク~

10年ぶりの大雪とはいっても、JFLのシーズン開幕一ケ月前に、この積雪量はやっぱりつらい。

Sany0022

で、選手・サポーター・運営ボランティア総出で“雪かき”という訳だけれど、金沢でも山側に位置する、北陸大学フットボールパークは背丈に近い積雪量。

開幕が迫ったこの時期に、フルコートで練習できないのはつらいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年は金沢でガンバ大阪は観戦できない

ガンバ大阪からの発表じゃ、金沢での公式戦開催が終了するみたい。

Logo01_2 石川県の皆さま、ガンバファンの皆さまへ

いつもガンバ大阪にご声援頂きまして誠にありがとうございます。

1995年より14回に渡り開催をさせて頂きました石川県でのガンバ大阪主管ゲーム・ホームゲームについてご報告させて頂きます。

『1993年に開幕したJリーグが大変な人気を博している、石川県民にJリーグを生で観せたい。ついてはガンバ大阪のホームゲームを定例化できないか、将来石川県でもJリーグチームを育てたいが協力して欲しい』という石川県知事、北国新聞社、石川県サッカー協会より重大な使命を要請され、一丸となった活動は実を結び、1995年の開催にこぎつけました。
以来、毎年夏を中心にホーム試合を開催し、数えること14回、のべ19万人以上のお客さまに観戦いただきました。
この期間にJリーグも37クラブ誕生し、JFL・地域リーグから続々とJリーグ入りを目指すチームが生まれました。石川県にも「金沢サッカークラブ」をもとに2006年「ツエーゲン金沢」が誕生し、2008年にはJFLに参入し、Jリーグ入りまであと一歩の段階まで来ていると確信しております。
そして14回の開催により、石川県サッカー協会における2万人規模の試合開催のノウハウが構築され人材の育成を図ることができました。
今後は、ガンバ大阪もホームタウンの大阪に基軸を据え、新しいステップを皆さまと歩んでいきたいと存じます。「ツエーゲン金沢」との練習試合の強化やアカデミー大会の参加などは従来以上に行い、石川県のスポーツ振興・発展の為に全力で協力をさせて頂く所存です。
近い将来ガンバ大阪がアウェイチームとして訪問できますことと、石川県の皆さまのご健勝ご繁栄心より祈念しております。
本当にご支援ご指導ありがとうございました。

ガンバ大阪

F0076957_23124541  

いずれ、こんな日が来るとは思っていたのだけれど、定期的に、途絶えることなく14回も主催試合を開催してくれた、ガンバ大阪にはただただ感謝。

今回の決定、ある意味、卒業式的な意味合いもあるのかな?

ということで、再び、金沢で“Jリーグ”を見る為には、ツエーゲン金沢の昇格という手段しか道が無くなった訳だ。

 

一日でも早く、ガンバ大阪を“アウェイチーム”として迎えたいな、と。

 

 

          まぁ、『互いの、幸運&不運が重なり合えば、来年・・・』 かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人は懸賞だけで生きていけるか?

今日から2月、というかキリンビールの「強ぇT」キャンペーンの受付開始。

20110201kirin

キリンビール石川支社とのコラボレーション・キャンペーンなんだけど、景品は「強ぇT」というネーミングのTシャツ。

Mv_03_3

で、気になるのが、A賞のKIRINオリジナルTシャツを着ていけば、2011年のホームゲームを無料で観戦できるという特典。

Mv_05_2

これって、ツエーゲンが初めて発行する“シーズンパス”じゃなイカ。

 

         * ビール会社だから“20歳以上” 

         * 石川支社のキャンペーンだから“石川県在住者限定”

 

20091009_1586061  

どうしても、限定100枚の「強ぇT」が欲しい。

という事で、本日から「懸賞生活」に突入。

ハガキは、ここ数年分の年賀状の残り!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »