« 来季のJFLのことを言うと鬼が笑う | トップページ | ツエーゲン金沢 昇格に向けたベストピッチ作り »

サンタからの贈り物は『市民サッカー場改修』

もう、クリスマスプレゼントを貰う年頃ではないのだけれど、もし、サンタが、片手に“ビッグスワン”、もう一方の手に“日立台”を持ってて、「どちらを選ぶ?」と聞かれれば、迷うことなく“日立台”を選ぶ。

3_3

ビッグスワンは、「(陸上競技場にしては)ピッチが見やすい良いスタジアム」なんだけど、“(陸上競技場にしては)”という部分が気になる。

サッカー観戦という意味では、多少設備が古くっても、少しばかり小振りだったとしても、たとえ屋根が無かったとしても、やっぱり臨場感あふれる専用競技場なんだと思う。

3_4

 

と、いうのが、石川県への西部緑地の改修や支援の署名活動を行っていた最中、どうしても捨てきれずに心の中に残ってしまった事。

そして、もうひとつ付け加えるなら、子供でも自転車で通える場所という、スタジアムの立地かな。

選手生命を賭してJリーグへの昇格を果たそうとしている、現在所属の選手達には申し訳ないのだけれど、性急に西部緑地の改修を行い、一旦ホームスタジアムとしてしまうと、金沢での、本格的な専用スタジアム建設の可能性が消えてしまうと感じていた。

20年後の“金沢のサッカー少年達”を考えると、(地域リーグで4年も足踏みしたんだし)いまさら数年程度の足踏みは、たいした問題じゃないという思いの方が強かったかな。

 

で、今年のクリスマスプレゼントは『市民サッカー場の改修』ということ。

 

新市長の誕生に絡んで、想定以上というか、最大級の答えが返ってきて、本当にビックリした。クリスマスに盆と正月、ついでにバレンタインデーまで一緒に来たって感じ。

ただ、「1万席のスタジアムを作る」というだけで、時期や予算など、細かいところはまだまだ不明。だから、ちょっとでも実現のアシストになる活動って出来ないかな? 

財政的に厳しい時代の公共施設だから、基本的には受益者負担の部分がキーポイントになると思う。(サッカー好きの)受益市民で積極的な寄付金を募ったり、建設後の稼働率を証明する為に、もっとツエーゲンの試合の観戦回数を増やす、とか、ね。

|

« 来季のJFLのことを言うと鬼が笑う | トップページ | ツエーゲン金沢 昇格に向けたベストピッチ作り »

ツエーゲン金沢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/436061/38197138

この記事へのトラックバック一覧です: サンタからの贈り物は『市民サッカー場改修』:

« 来季のJFLのことを言うと鬼が笑う | トップページ | ツエーゲン金沢 昇格に向けたベストピッチ作り »