« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

監督かわいいよ監督

天皇杯の石川県予選、ツエーゲンvsテイヘンズは[3-1]でツエーゲンの勝ち。

天皇杯決勝(石川)は毎年NHKが生放送(県内)してくれる。でも、今年はNHK金沢放送局が、カメラを6台も持ち込んでの番組製作。

いつものメインスタンドの屋根の上のカメラに加えて、ゴール後ろにタワーを持ち込んだり、ピッチサイドのカメラや客席のカメラ、と、“気合”を入れた??

で、零細ネット放送局としては、7台目のカメラをどこに配置しようかと思案、独自の視点でってことで「監督目線」で試合を追いかけてみた。

NHKの生放送の録画は、ビデオの予約設定を間違えたので見ていないのだけれど、6台のマルチカメラ体制での映像、どんなんだったのだろう? 

まぁ、とりあえず、NHKスタッフの皆さん、炎天下の放送、本当に「お疲れさま」ということ。

019

でも、ね、一番の「お疲れさま」はコトジロー?? 動くのだよ・・・、コイツが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ランドマーク、あと「20年後の金沢を考える会」

新潟行きの新幹線、「間もなく新潟駅に到着します」という車内放送が流れるあたりで、進行方向右手の車窓に見えるのがビッグスワン。

Reysol241mitai

ビッグスワンの特徴的な屋根を見ると、新潟にやってきたという感じの、“ランドマーク”って事なのかも。

まぁ、“目印≒ランドマーク”ってことなら、候補の建物はイロイロある。でも、新潟の玄関先にドンと構える、ビッグスワンの存在感は他の追随を許さない、というのが個人的な見解。

と、いうことで新幹線開業を間近に控える金沢のランドマークは?

少しづつ姿を見せ始めた、新幹線の高架(ホントに高架で高所恐怖症の人はマジで怖いと思う)からの景色をシミュレーションしても、これといった特徴あるランドマークは見当たらない。

沿線の長野だったら“浅間山”、富山だったら“剣・立山”といった自然の風景がランドマーク。新幹線の福井延伸があれば、金沢(というか石川県)も“白山”ってことなのだけれど・・・。

当分の間終着駅の金沢、市民サッカー場をランドマークにできないかな?

15000人規模の全席屋根付きスタジアムってことなら、金沢の玄関口のランドマークとしてふさわしい? もちろん、駅前の高層ビル群もランドマークになるけれど、新幹線車窓からって条件だと、縦に高い建物より、横にボリュームがあって、形状に特徴のあるスタジアム建築の方が目に付くと思う。

以前から市民サッカー場のスタジアム改修の話もあるし、2022年のW杯(予定)のキャンプの候補地でもある。いろんな要素が絡み合ってるから、安直&性急な西部緑地の改修より、長い視点で、市民サッカー場の本格的専スタ化の確約の方が良いのでは? スタジアムの計画がハッキリすれば、西部緑地は2~3年間の暫定ホームスタジアム。となれば、さほど大きな改修も必要無い。スタジアム問題も解決しないかな?

でも、まあ、少し長い視点(20年くらいかな)の計画は必要・・・。

明日の天皇杯県予選の後、15時から、金沢の若手市議のグループ『20年先の金沢を考える会』の、金沢の未来についての公開シンポジウムが開催される。年末の市長選挙、来春の市議会・県議会の選挙もあって、意外と注目度は高い。

試合直後の会だから、試合観戦優先の日程だと参加はムリ。でも、さすがは若手グループの企画という事で、ツイッターでの質疑への参加も可能ということ。

市民サッカー場から、(ツエーゲンを含めた)金沢の未来についてツイートするというのも良いかもしれない。「署名活動」が正攻法なら、「集団ツイート」みたいなゲリラ戦もアリということ。

シンポジウムの公開ツイッターアドレスは @kangaeruko0610

雰囲気はNHKあたりの公開討論番組みたいな感じなのかな? 難しいことは考え無くって良いと思うので、「(ツエーゲンを含んだ)金沢の未来」とか「(ツエーゲンの試合を見た)市民サッカー場の感想・希望」とか、市民サッカー場からつぶやいてみる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラインができてきた、声が出ている、アイコンタクトも・・・。

そりゃ、シーズン初めのころはねグダグダだったよ。元日本代表ってカンバンで注目は集めたけど、最終ラインの決めごとのせいで、狭いエリアに人が集まって右往左往。かと思えば、ポッカリ空いたスペースを次々と抜かれまくったり。

なによりも、ね。声は出てなかったし、お互い何をしなければいけないのかも分からなかった。というか、変に深追いしすぎて自分のポジションがガラ空きなんてこともしばしば。誰かがフォローに入らないといけないんだよね、こういう場合は。

ま、そんな“急造チーム”も2週に一度のホームゲームを重ねれば・・・。

確かに両サイドは運動量が求められるポジション。ワイドに開いたかと思えば、次の瞬間に中央突破のフォローに入る。でも、アイコンタクトでマークを受け渡し、追いかけきれないターゲットを中央で押さえるなんてことも。

それぞれが声を出しいるし、自分の役割を分かっているから、多少メンバーが入れ替わっても大崩れはしない。むしろ、メンバーが固定されない分、バリエーションが増えたって感じかも?

O0340018310688920396

と、ホームゲーム“恒例”の金沢駅前チラシ配りの近況。

「またやってるの」みたいな感じのお馴染さんや、興味を持ってくれる人も増えてきて、「入場料は?」みたいな、チラシの内容についての問いかけも増えてきた。すこしづつだけど、前進中かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白いボールと黒いボール

「悪いコンディションの時ほどチーム状況がわかる」なんて言われている。

Photo

試合前のピッチ練習で、互いのチームが持ち込んだボール。一方は“白いボール”でもう一方は“黒いボール”だったということではなく、ボール表面のキズから浸み込んだ水が、ボールの色を変えてしまったという事みたい。

Sany0019 今シーズンから、JFLの公式試合球“アンブロ”のボールのデザインが代わった。

と、いうことで、両チームのボール購入の時期はほぼ同じ。 

となると、ボールのキズの発生原因は練習環境の差なんだと思う。 

Sany0021_2 一方は芝生の上での使用が多く、もう一方は土のグランドでの使用が多いということなのかも?

今までの練習場の推移を知っているだけに、ジプシー生活とはいっても、毎回、芝生の練習場が確保されているってことに、まずは感謝しないといけない、ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャブラニ(定価17,010円)×1ダース

ワールドカップ南アフリカ大会の公式試合球は“ジャブラニ”だった。Jabulani_l

まぁ、独特のフィーリングで、いろいろと言われている“ジャブラニ”ってボールなんだけど、今度の天皇杯では参加する最上位のリーグの公式球ということで、大会の公式試合球になるはず。

ということで、土曜日のパルセイロとのTM。ピッチでの選手練習の前に、ずらっと並んでいたボールが“ジャブラニ”だった。

天皇杯前に、新しいボールの感触を確かめるんだねって感じてたのだけれど・・・。

ツエーゲン側のピッチを見ると、JFLでつかっているアンブロのボールと、去年までの天皇杯で支給された公式試合球がごちゃまぜに並んでいる。

しっかり試合会場に、“ジャブラニ”を持ち込んできてたのは、パルセイロの方でした。

おかげでTMでは、“ジャブラニ”を使ってゲームができた。ツエーゲンの選手も、“ジャブラニ”の感触を思う存分感じたのかなというのが、土曜のTMの良かったトコロ。

でも、さ。“ジャブラニ”を使うのは天皇杯の本大会からだったはず?

たしか、県予選は、対戦チーム同士の上位カテゴリーの公式試合球を使うのじゃなかったっけ? お互いのチームが週末に予定している県予選の決勝は、『JFL対北信越リーグ』だから、週末のゲームの公式試合球はアンブロじゃないのかな? なんてね。

もちろん、天皇杯の本大会に向けて“ジャブラニ”の感触を知っておくことは大切。

だけど、さ、パルセイロも気が早いというか、そうそう安くもない“ジャブラニ(定価17,010円)”を1ダースも購入? と、信州ダービーの結果によっては、使うか使わないのか分かりもしない“ジャブラニ”に、20万円も先行投資したということだ。

県予選の決勝なんて軽く突破するって必勝の意欲は評価もする。

でも、これから一番大切な時期を迎える地域決勝大会に備えて、よりよい練習環境を整えるって事では、“ジャブラニ”のニューボールより、地域リーグの公式試合球のモルテンをキチンと準備しておいた方が良いような気もするのだけど、ね。

と、いうのは、地域だからとかJFLだからということでなく、どこのチームも、そうそう余裕のある経営状態では無いというのが、先日の雨の中のピッチ練習で、白いはずのボールが水を吸ってどんどん黒く変色していくのを見たから。

Photo

ま、パルセイロが準備してくれたおかげで、「ボールの雰囲気がわかって助かったよ!」ということで、感謝をこめて、記事の中で1ダース分“ジャブラニ”って言葉を使ってみた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ホント、くやしくなんかないゾ!

後半戦を戦うメンバーが見たくって、根上の県サッカー場までの遠乗りは、自転車でも小一時間くらいか?

結果はご存じのとおり、1本目[0-0]・2本目[0-0]・3本目[0-1]ということ。

結果だけ見ると“負け”ということで、“悔しい”かというと、“別に~”って感じなのだ。たぶん、選手も同じ感覚なのかな? 試合直後の両チームが入り混じった写真が一番の証拠。

0101111

久々に見た、動くツエーゲンは面白かったし、不足しているパーツが組み合わさって中断期間中に良い補強をしていると感じた。で、新加入のボランチ挽地が好pう(以下自粛)

ただね、このTM、余りうまく打ち合わせ出来ていなかったのかな?

30分×3本の試合は、ツエーゲン側としては最初の2本に主力を投入。というか、いろいろお試しというパターン。パルセイロの方は、「暑いし、中1本は休もうよ・・・」って感じなのかも? 3本目はわざわざ遠来のチームを、入団テストに着き合わせた格好で失礼?? だから、ツエーゲンとしては成果があったけど、パルセイロとしては消化不良なのかも?

3本目に途中交代したパルセイロの11番の顔を見てると・・・ね。

あんな顔するくらいなら、「1本目・2本目を連続でこなせるくらいの体力じゃないと・・・」と、思うのだけど。ホント、3本目のわずかな出場でピッチから出るとき、ペットボトルを蹴り上げるんじゃないかとヒyあ(以下自粛)

シャワーや更衣室も充分に整備されていないスタジアムだから、イライラはつのる。だから、更衣室代わりのチームバスに戻りつつ、駐車場でkイy(以下自粛)

ということで、後半戦に向けての、チームの形が見えて、結構満足ってTMだった。

ということで、新チームのお披露目は8月29日の天皇杯の石川県予選の決勝戦。相手はテイヘンズだから楽しみではあるのだけど、本音と言えば、『クラシコ』が見たいというコト。パルセイロの奮起が期待されるだけに、“無料”の長野県予選の決勝戦を見に行きたい、なんてね。

013 復路も小一時間のサイクリング。家に帰ったら玄関ポストに、以前に懸賞応募していた決勝戦のチケットが届いていた。

 

と、いうことで、同じく無料ならば・・・ね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私と松本くんと長野さん《第2章》 「夏期講習やだやだやだやだやだやだ」

夏期講習のグループ編成、習熟度別というか・・・、地域別というか・・・、普段のクラスとは違った組み合わせ、なんだな。8月29日の実力テストも普段とは違うメンバーでやるみたい。

私はティちゃんがと一緒のグループ。ティちゃんと一緒なんて何年振りなんだろう。前はよく一緒にお勉強してたな、なんて、少し懐かしい感じがする。

でも、夏期講習では、選んだ科目が違ってたから、チョット早めに私は授業が終了。少し時間があいたから、ティちゃん達の教室を覗いてきちゃった。

やっぱり、一発勝負の教科って心臓に悪い。去年の内に済ませておいたから、今年は履修しなくても良いってのは、ほんとにラッキーって感じ。

で、ティちゃん、「実力テストで一緒のグループになるかもしれない、新潟(弟)がいるから、もうちょっと待ってろ」だって。私を長野さんとお話しする口実にしないで、って、何度も言ってるのに、私と長野さんは“(松本くんをめぐる)恋のライバル”だってコト、まだ分かってないみたい。

でも、ね、久しぶりに長野さんとお話しできて楽しかったわ。あと、別れ際に長野さんから「相談にのって」って、真剣な顔でお願い。

いつも強気の長野さんなんだけど、こんど松本くんと同じグループで受ける実力テスト、やっぱり不安みたい。特進クラスじゃ、どんなお勉強をしているのか教えて欲しいんだって。

今度の土曜日、私の家で一緒にお勉強するって約束しちゃった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移籍ウインドー終了[28番 挽地祐哉]

移籍登録期間の最終日に、ツエーゲン3人目の補強選手の入団決定! 徳島ヴォルティスからの助っ人は挽地祐哉選手。

後ろ目ならば何でもこなせる器用なタイプらしい。16日からチーム合流という事だから、久々に練習見学に行くのも良いかもしれない。とにかく、残りのリーグ戦11試合を戦うメンバーが確定した訳だ。

で、気になるのは他チームの補強状況なんだけど、あまり大きな動きは無かったみたい。松本が3人?町田は無し。流経大が大量補強と思ったけど、ほとんどのメンバーが大学リーグの方に戻った?(正直言って迷惑だね・・・、こういう補強をやるチームって)

あと新加入があるとすれば、海外リーグからの移籍? 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

備忘録(ツエーゲンVSブラウブリッツ+ヴィッセルVSレッズ)

結果は引分け。遠方だったし“画像”は見れないと思ってたのだけど・・・。

「敵味方を問わない」という博愛精神に感謝!

マイチームの失点シーンを記録するというのは、結構、精神的には辛いものがあるのだけど・・・ね。

 

ということで、口直しは三原のJ初ゴール。「おめでとう!マー!!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタジアムでプラレール

タイガースは高校野球に本拠地を追い出されて“死のロード”に突入。ツエーゲンは、かれこれ4か月の“死のロード”を終えて、ようやく本拠地の西部緑地公園陸上競技場に戻ってくる。

ということで、9月11日の“死のロード”あけの第1戦は『一万人チャレンジ』ってことらしい。

ま、平均観客動員3000人を達成するには、西部緑地での5試合で、毎試合8000人くらいの来場が無いといけない計算だから、いよいよ切羽詰まってきたということ。

とはいえ、西部緑地だったら、スタジアムとしてのキャパは充分だし、駐車場も充分。ちょっと駅からは遠いという点を除けば、津幡でさんざん文句を言われてきたことは解消できるというコト。

あとは、試合内容と試合結果。そして、集客しようという本気度かな?

 

もちろん、スタジアム前の広場スペースとかも充分あるのだから、楽しいイベントを企画してフリーのお客さんをつかまえるなんてことも必要。

 

で、NHKでも話題のプラレールの“達人”が金沢在住だったりもする。

スタジアムの観客席を“プラレールが縦横無尽に走り回る”ってのを、見てみたいような気もする。(↓↓どうやら機材的には充分に抱えているようだ・・・↓↓)

この達人、西部緑地の近所、済生会病院の看護師さんだった、と、思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Welcome PIANO MAN. 【23 斎藤陽介】 #zweigen

横浜から“PIANO MAN”が来る。

Trd0712021101001p27_3 歌詞の ♪若い格好をしていた頃の話だけどな♪ なんてフレーズに、少しセンチメンタルな思いを持つのは、今じゃ見かけなくなったファッション。というか“ハマトラ全盛”の時代を知ってたりもするから?

ファラーのホップサックに縦縞プルオーバーのBDシャツ、ボートハウスのトレーナーを背中にはおって、足元はトップサイダーのデッキシューズ。どこか海の香りのするような格好が流行ってたな、なんて。

“ハマトラ”とはいっても、ツエーゲンで復活するのは、ドラゴン久保と古部に新加入の斎藤の、 横“浜トラ”イアングル !!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湘南から(鳥取経由?)で… 【24 林慧】 #zweigen

湘南ベルマーレからレンタル移籍。

 

で、どんな選手だろうって調べてみる。ガイナーレ時代の特集記事がなにげに良い感じ。

というか、金沢でもこんな取り組みして欲しいな、と、思ってしまう。金沢情報とかでインタビューのネタはたくさん持っているはずだし、クラブ公式HPとか、金沢情報のHPとかで公開してくれると良いな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結果をチラッと #zweigen

行けなかったので、何もコメントできないのだけれど・・・。

111111111

どうやら、写真通りの結果だったみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »