« コンサート? フラダンスやら、マジックやら・・・。 | トップページ | 電車とMIOと廃品回収 »

私と松本くんと長野さん《第2章》 「林間学校でボランティア 《森をまもろう》」

夏休みの最初の行事は林間学校。石川県じゃ、森林環境税って税金を使って、増えすぎた緑っていうか、荒れた森林の再生をしているの。だから、今年はボランティア体験って事で、山に入って間伐作業。

班を作って、チェーンソーで森の木を切り倒すんだって。植林してから50年以上もたった、大きな木を切り倒すって、ちょっとワクワクする体験プログラム。

でね、今回入れてもらった班、秋田くん長崎くんといっしょ、松本くんは町田さんや鳥取先輩といっしょ、残念ながら別々の班になっちゃった。

まずは、山小屋でお勉強。地球環境や森林環境を守るため、『森を守る』ためにはの木を増やさないとダメ。でも、をただ増やすだけじゃなく、込み合いすぎたを間伐しないといけないんだって。

とっても倒れそうもない大きな木だって、“受け口”を作って、“追い口”を切ってって、手順を守って作業すると、ほんのわずかの力で倒れちゃう。

木が倒れるときの轟音っていうか、地響き。ホント、びっくりしちゃった。

でも、達成感があるっていうか、地球温暖化防止の為、とか、森林環境を自分達で守ってるんだ、って、実感したの。

でも、大きな木をいきなり倒すのは大変。今回は秋田くんや長崎くんのフォローでどうにかなったんだけど、私一人でもできるようにならないと、緑の地球を守れない。だから、まずは少し小さめのミドリから??

 

 

あっ、今回、班のみんなと倒した木、1965年に緑化の為に植えた木なんだって。ホント、年号なんて別に意味は無いんだけどね・・・。

|

« コンサート? フラダンスやら、マジックやら・・・。 | トップページ | 電車とMIOと廃品回収 »

「私と松本くんと長野さん」」カテゴリの記事

ツエーゲン金沢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/436061/35855686

この記事へのトラックバック一覧です: 私と松本くんと長野さん《第2章》 「林間学校でボランティア 《森をまもろう》」:

« コンサート? フラダンスやら、マジックやら・・・。 | トップページ | 電車とMIOと廃品回収 »