« 私と松本くんと長野さん《第2章》 「林間学校でボランティア 《森をまもろう》」 | トップページ | “湖郷”に錦は最終節で »

電車とMIOと廃品回収

津幡の競技場での試合運営。駐車場だとか、シャトルバスだとか、いろんな意味で問題が多い。「津幡だったら行かない」とか、「会場まで行ったけど駐車場が一杯で帰った」とかいう声も聞く。

もちろん、今年は“瓢箪から駒”みたいな思わぬ展開だったせいもあって、会場確保という面で遅れをとったって事もあって、来年はもっとマシな結果になると思う。この辺は、野球の独立リーグの先例からも大丈夫だと思うのだけど・・・。

とはいっても、全試合を西部緑地公園陸上競技場で開催できるのか? といえば、やっぱり無理だと思うわけで、営業的な意味合いも含めて他の競技場の利用も残る、と、思う。そうなると、駐車場問題は再発するわけで、「いかに楽しく公共交通機関で・・・」って対策も必要。

クルマを使わないと面白そうという、キッカケを作るのは大切。そんなわけで、MIOの運営には興味がある。なかなか地域のバックアップという面では苦戦していると聞いてはいたのだけど、JFL昇格初年度から、JRとタイアップした活動は続いているし、今回も、駐車場が少ない会場ということもあって、企画がたくさん。

“環境保護先進地”の滋賀県らしい運営だと思う。ま、そういうこともあって、MIOの企画に便乗してみようと思う。JR草津線を使って“無料入場券”を貰い、古新聞の束を持って行って“輪投げゲーム”に参加。あとは、浴衣?? “サイン+記念写真撮影”って事だから、アランあたりに「来年はツエーゲンで・・・」って耳打ちでもする?

 

あと、“滋賀県”ってことは上野監督の出身地。監督としての初めての滋賀県開催試合だ!!

|

« 私と松本くんと長野さん《第2章》 「林間学校でボランティア 《森をまもろう》」 | トップページ | “湖郷”に錦は最終節で »

ツエーゲン金沢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/436061/35875240

この記事へのトラックバック一覧です: 電車とMIOと廃品回収:

« 私と松本くんと長野さん《第2章》 「林間学校でボランティア 《森をまもろう》」 | トップページ | “湖郷”に錦は最終節で »