« 6月からは平日も高速1000円だ。 | トップページ | 私と松本くんと長野さん《第2章》 「クラス替え(はぁと)」 »

ハッピーニュース「豪雪とヒッチハイクと大型トラック」

今年の冬の特徴は“思わぬときの大雪”だった?

入替戦2戦目の刈谷遠征の北陸道の雪。ホントにたどり着けるのかなって、マジで心配した。試合開始に間に合わなくても、昇格決定の瞬間に立ち会えればそれでも良いかと、半分くらいは思ってもいたっけ。

幸いにも、バスの運転手の神業的雪道ドライビングで、凍結路面をビュンビュン飛ばす。「大型バスは車重があるから安全だ」とか自分で自分を納得させたけど、結構怖かった。(という訳でアルコールに逃避していた?)

そんなこんなで、試合開始の40分前に会場入り。でもね、もう少し路面状況が悪くて、さ。もう2時間ほど遅れて、さ。「雪の中、試合終了直前に試合会場入り、JFL昇格の瞬間に間に合ったツエーゲン・サポーター」となれば、ハッピーニュースの有力候補になったのかもしれない・・・。

 

で、本題。今年のハッピーニュース大賞は、豪雪で交通機関がマヒした中、長岡で夜行列車を降り、パイロット養成学校受験会場の輪島まで、大型トラックをヒッチハイクしてたどり着いた女子中学生の記事だった。

たぶん、数年内には映画化の話も出る『或る雪の夜の出来事』かな?

動くか動かないのか分からない夜行列車を乗り捨てる機転と、大型トラックをヒッチハイクする行動力を持ったヒロイン。そして、脇役キャラは、金沢までって乗せたのに、わざわざ輪島まで送り届けた男気あふれるトラック野郎。

飛行機嫌いでも、こんな女性パイロットの飛行機だったら安心して乗れそう? 

なぜだろう、この記事をミョーに身近に感じるのは・・・? って、誰のブログ記事だったか忘れたけど(たぶんツエーゲンサポ)、「これだけ判断力や行動力のある受験生だったら、あの状況下で受験会場にたどり着いた時点で“合格”にすればよい」ってヤツを読んでたからかな?

新聞記事よりもずっと早い、つぶやきのようなブログ記事だったと思う?

改めて読んだ、今回のハッピーニュースの新聞記事。この受験生、3日後にしっかり合格通知を受け取った模様。たぶん、今日か明日、輪島のパイロット学校の入学式に臨んでいるんだな、と、思った。

|

« 6月からは平日も高速1000円だ。 | トップページ | 私と松本くんと長野さん《第2章》 「クラス替え(はぁと)」 »

ツエーゲン金沢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/436061/34101068

この記事へのトラックバック一覧です: ハッピーニュース「豪雪とヒッチハイクと大型トラック」:

« 6月からは平日も高速1000円だ。 | トップページ | 私と松本くんと長野さん《第2章》 「クラス替え(はぁと)」 »