« カストロール1号発進! | トップページ | 今年初の・・・ »

2010年度ツエーゲン後援会の詳細

ツエーゲンの2010年度後援会のシステムは、プレミアム会員・ファミリー会員・レギュラー会員・レッド会員の4種類。

どの会員種類も、ノベルティは少なめで、もっぱら “招待入場券で還元” みたいな感じ。

後援会員として、会費で財政支援だけでなく、知り合いへの招待券配布で動員面の支援もして欲しい、と、いうことなのかな?

 

あと、年会費と招待券の配布枚数から推測すると、今年の入場料は、大人1200円(前売り1000円)・高校大学生600円(前売り500円)・小中学生300円(前売り250円)というあたり?

メインスタンドの席種によるカテゴリー区分はなさそう。代わりに、プレミアム会員には来賓席を解放するって事みたい。

 

全体的に、学生に対しては随分と優遇した価格設定。特に大学生にとっては「ラッキー!」って感じかな? 同じ年齢で働いている人もいるだけに、学生証の有無だけで倍も料金が違うというのも、何か変な感じがするし、予備校や専門学校の扱いはどうする?

でもね、小中学生だったら、最初に3000円出せば、ホーム開催試合が全部見れるというシステムは、非常に良いと思った。

ただ、17枚のチケットの束で渡すよりは、シーズンチケットみたいな形にして、1枚で済ましたり、以前にあったサポート会員みたいなハンコを押すやり方の方が、チケットのバラ使用ができないってことで、後援会員数の拡大につながるんじゃないのかな?

あと、後援会会員へのノベルティの提供が少ない分、来場回数に応じたオリジナル・グッズの提供なんかがあると嬉しい。

 

 

というか、チケット大量に手渡されるのは、結構メンドくさいので、シーズンチケットの発売を切に希望します。

 

|

« カストロール1号発進! | トップページ | 今年初の・・・ »

ツエーゲン金沢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/436061/33175060

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年度ツエーゲン後援会の詳細:

« カストロール1号発進! | トップページ | 今年初の・・・ »