« サカつく | トップページ | Obrigado CRISON »

消化試合に見いだす意義(松本山雅編)

早めに“リーグ優勝”が消滅してたから、モチベーションを保つため、格別の想い入れがある「松本戦」にターゲットを絞って、アレコレやってやろうと考えていた。

『お前らもみちづれだ!』くらいの下品なダンマク用意したっていいし、『"祝"セブンイレブン金沢出店、12月吉日決定!』って、北スタンド方面の人に事前案内しても良い。

でもね・・・、早すぎるんだよね“お互い”の終戦が。すっかりモチベーションが萎えちゃった訳だ。

こうなると、たとえ「600円」だって払いたくなくなる。しかも、アウェイ戦だから、いくら観客が入っても、ツエーゲン側には何の見返りも無いんだし、って、ね。

ただ、優勝争いから遠ざかると“良いゲームをする”っていうのが、ツエーゲンの伝統芸。案の定、行けなかった長野戦じゃ、今シーズンのベストに近い試合を見せたってコトと、相性の良いアルウィンでの試合だけに、消化試合とはいっても、どうしても行きたくなる。

引っかかるのは、入場料の「600円」が、松本の運営サイドに収益として入るってコト。なんとか“こいつを逃れられないか?”ってことに、無意味なアイデンティティを見つける訳だ。

 

【松本山雅サポーター感謝DAYのご案内】

 

そうか、イロイロな企画があるのか。で、見つけたのが“ゆかた無料招待”ってサービス。さっそく、ジャスコに行って“格安ゆかたセット”を買ってきた。

「600円」を払いたくないが為に「5000円」を支払う。これはこれで、ライバルチームのサポーターとしての、正しいあり方だとも思う。

ついでに、サポーター感謝DAYの景品もGETして、松本のファン拡大を阻むというのも重要な使命。ついでだから、スタンドに投げ込むっていう、山雅の選手のサインボールも手にしたいね。

|

« サカつく | トップページ | Obrigado CRISON »

ツエーゲン金沢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/436061/30790384

この記事へのトラックバック一覧です: 消化試合に見いだす意義(松本山雅編):

« サカつく | トップページ | Obrigado CRISON »