« 皆既日食の“直後”に太陽出現! | トップページ | 皆既日食観測といおうか・・・②「まじめに観測準備」 »

皆既日食観測といおうか・・・①「ユートピア2号」

「中国へ行くか?」「種子島にするか?」って選択肢、天気情報なんかを参考に、最終決断をしたのは新幹線の中。小倉駅でのぞみを降りて下関港へ。

なんだかんだ言っても“国際航路の旅”ってのは面白い。だから、皆既日食が見れなくっても、たぶん満足できる、というのが一番の理由かな。

 

093_218 17時の定刻に、093_378_2 上海下関フェリーの“ユートピア2号”は下関港を出港。

この船、 もとは新日本海フェリー所属の北海道航路の船。ということで、昔の名前“ニューしらゆり”の名残があちこちに残っている。

もともとが国内航路の船、ということで、大浴場が備わってるってコトが嬉しい!

船齢30年という船だから、豪華客船みたいな、展望風呂や露天風呂って贅沢はできないけど、4泊5日の船旅の楽しみを“一つ”確保。 

 

で、“二つめ”の楽しみは食事!

093_382 噂じゃこっちの方は「あまり期待できないゾ」って・・・。

ところが、団体募集の“皆既日食観測ツアー”を組んだ、今回の航海に限っては、093_381 3食ともバイキング・メニューということで、船の方も気合が入っている??

ま、その分『夕食2000円』『昼食1500円』と、チョット高めに値段設定されてしまったけどね。

と、いうわけで、ランチタイムには、小倉で買い込んだ食材が生きてくるんだな。

「空腹は最高のソース」って言う人もいるけど、“潮風”も極上のソースの一種。

093_224 デッキで食べるオープンエアー・ランチは最高に美味しい。

093_367 免税のワインやウイスキーのすすみも速い、って、たぶん酒代だけで、バイキングメニューの値段を超えちゃってるね・・・。

ま、国外だし・・・、ケータイの電波も届かない海の上だ・・・、ってことで。普段のモラルは忘れて、昼間っから飲んだくれる日々の始まりでした。

ただ、ラッキーだったのは、“運賃に含む”って扱いの朝食バイキング。とりあえず、団体旅行レベルには、アップグレードされているから、結構楽しめる。一般料金で乗船したのに、少し申し訳ないような感じ・・・。

 093_385

 

でもね、レギュラーメニューのコレも、食べてみたかったな。

|

« 皆既日食の“直後”に太陽出現! | トップページ | 皆既日食観測といおうか・・・②「まじめに観測準備」 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/436061/30682985

この記事へのトラックバック一覧です: 皆既日食観測といおうか・・・①「ユートピア2号」:

« 皆既日食の“直後”に太陽出現! | トップページ | 皆既日食観測といおうか・・・②「まじめに観測準備」 »