« J2×2 | トップページ | コーチ就任! マルドーニ・フェレイラ・ダ・シルバ さん »

J2×2 メルカトル図法で検証

北極に近づくほど、地図上で大きく描かなければならないのが“メルカトル図法”だというのは小学校で習った、かな? 国の広さが比較できる、正積図法のヨーロッパ地図に日本地図を重ねてみると・・・。 091_070

東西南北に細長く広がる日本列島と違って、汽車旅行で夜行列車に乗ってしまうと、一夜のうちに国を3つも4つも飛び越えてしまう程、小さな国が密集しているというのがひと目でわかる。

というわけで、ヨーロッパの国内リーグでは、飛行機移動はほとんどないのじゃないか、と、思う。

だから、北海道から九州・沖縄まで転戦しなければならない、日本の国内リーグは、移動距離だけで考えれば、ヨーロッパのチャンピオンズ・リーグに匹敵するんじゃないかな?

昨今の経営状況が厳しいという、Jリーグクラブの話を聞くと、経営陣も大変だなと思ってしまうし、九州や北海道へと、クラブを追っかけるサポーターはどうしているのか? とも思うのは余計なおせっかい?

 

それだけに、先日の講演会の『J2×2』っていう話には納得した。

 

現在、Jリーグでは、『J1に18チーム・J2が最大22チーム』という構想が発表されている。ということで、J2の新規参入枠は残り“4”・・・ さっ、アトが無いぞツエーゲン!

J2の枠が一杯になったら、JFLと入れ替え戦ということになるらしいのだが、ここのところのチーム数の急拡大で、全国展開のリーグに“プロ”とは言っても疲弊するクラブも増えてきている。当然、抜本的な改革が必要だし、アマチュアリーグのJFLにまで、全国展開を要求するのも確かに酷だ。

門戸を広げつつ、クラブの経営基盤を固めるという意味で、J2リーグの東西分割という案にリアリティを感じた。

『J1に18チーム・J2(東)に22チーム+(西)に22チーム』という考え方や、『J3ができるとしたら地域アマチュアリーグ(出場給5万円/月)』といった、将来の日本サッカーのピラミッドにも納得できた。

 

あとは・・・

 

 

石川県って 『東』 『西』 どっちのリーグになるんだろう? ってことか。

|

« J2×2 | トップページ | コーチ就任! マルドーニ・フェレイラ・ダ・シルバ さん »

サッカー」カテゴリの記事

ツエーゲン金沢」カテゴリの記事

コメント

東西に分けても移動距離は長すぎる...
特に沖縄県と北海道のクラブは。

投稿: | 2009年8月20日 (木) 06時42分

現在よりはマシということですね。
沖縄のチームが北海道へ行くのに比べれば、多少は楽に感じるのでは?飛行機で2~3時間なんてことになると、もう感覚は海外旅行です。

投稿: ysys | 2009年8月24日 (月) 19時12分

なんか俺妙に人気すぎるから昨日○○○○○○女の子に
理由聞いてみたら○○○○○○○○さ!!!!

○○○○○○○○○○のも
ポイント高いって○○○○○○○○○○フィーバーwwwwwww

○○○○○○○○○○家で○○○○○○○○○○わwww

http://○○○○○○○○○○/k57XVoe/

投稿: メタボがアチイ | 2009年8月26日 (水) 22時53分

メタボがアチイ様

伏字で少し自主規制させていただきました。たぶん意味はわかると思うのですが…。人気にあやかりたいです。

投稿: ysys | 2009年8月28日 (金) 06時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/436061/27482654

この記事へのトラックバック一覧です: J2×2 メルカトル図法で検証:

« J2×2 | トップページ | コーチ就任! マルドーニ・フェレイラ・ダ・シルバ さん »