« 報知新聞・・・たぶん商売上手だね。 | トップページ | 世界一高い入場料!(円高だし・・・たぶん?) »

大分トリニータの“秘密兵器”は「元」高校教師

“J”のシーズンが終わって、結果の方は(予想外の“ドラマ”の部分もあるが)予定通りの結末。姑息な“他力本願”+“冬将軍”サマの援軍(「秋春制」も悪かない?)で、最低限の目標は達成したという感じ。そんな結果確認なんかで、ここ数日間、深夜枠のサッカー番組は楽しめた。

そんな深夜スポーツの時間帯も飛び越えた、深々夜に放送された「地方クラブの逆襲~大分トリニータ・もうひとつの戦い」って特番は拾い物。

“地方の資金力の無いチームが国内タイトルを獲る”ってところを追いかけたドキュメンタリーって事だから、「シャムスカ・マジック」って思い込んでたところ、ターゲットは「元教員」“の強化部長さん”と「元キャリア官僚」の社長さん。シャムスカ監督の“シャ”の字も出てこない、背広組のクラブスタッフの動きを追った番組。

なかでも、『ポリパレント』をキーワードにした、選手発掘の裏話なんかはホントに興味深かった。「資金に資金で対抗してもムダ」とか「目の付け方を変えてみる」とか、なんか身につまされる話も多い。HABに手をまわしてVTRを入手、ツエーゲン関係者は正座して朝晩繰り返し見ておくように、って。

そんな、強化部長が発掘してきた人材の一人が、昨季までフェルヴォローザに在籍していた“コバヒロ”こと 小林宏之 なんだなって。去年の騒動のとき、「引き抜くなら・・・」って、個人的に思ってた選手のうちの1人だっただけに、尚更実感するところがある。

085_4315087 085_4315088  

 

 

そんな、フェルヴォローザの近況を北陸中日新聞が特集。相変わらず“報道姿勢にブレのない”良い記事だと思う。(例によって画像クリックで・・・)

 

で、どうだろう、北陸中日さん。ツエーゲン金沢の『来季方針』の方も、緊急取材でレポートしてくれないかな?

|

« 報知新聞・・・たぶん商売上手だね。 | トップページ | 世界一高い入場料!(円高だし・・・たぶん?) »

ツエーゲン金沢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/436061/26018178

この記事へのトラックバック一覧です: 大分トリニータの“秘密兵器”は「元」高校教師:

« 報知新聞・・・たぶん商売上手だね。 | トップページ | 世界一高い入場料!(円高だし・・・たぶん?) »