« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

緊急パブリックビューイング

11月の最終週、ツエーゲンでも、こんな 石垣島決戦 企画をやりたかったなって・・・。

最終決戦の11月30日、ガイナーレ鳥取は、地元ケーブルTVの協力で、県下3会場での“緊急パブリックビューイング”を開催。(衛星中継+インターネットの生中継らしい、このやり方、来季の地域決勝の時に使えそう) 米子から鳥取への本拠地スタジアムの移転や、東西に細長く広がる地形、高速道路未整備地域って事もあって石川県以上に難しい地域なのに、本当に頑張ってます。

J_flag_2 最後の最後まであきらめず、奇跡を呼び起こし、『J2昇格』を勝ち取って欲しい!

“Small is happy! Small is strong!”って、被虐的なスローガンも面白いね。“Small”鳥取が、大型チームを土俵際でうっちゃるって展開を期待!

来季の地域決勝、ツエーゲンも「七尾」「金沢」「小松」あたりでの“パブリックビューイング”実施で、全県応援できると良いのだけれどネ。

  

PS:「大」ファジアーノの方はNHKで生放送するらしい。

Jリーグ冬開催反対

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ローソンサンクスday

News_801_1 アルビレックスの地元、新潟にはオレンジ色した“オレンジ・ローソン”って店がある。JSC戦へのバスツアーなんかでよく利用する、アルビレッジ横のローソンもそのひとつだから、ツエーゲンのサポでもよく知っていると思う。通常のローソンの商品に加えて、アルビのレプリカユニフォームや応援グッズなんかも扱ってる。

でも、ブルーが基調のローソン、お店自体がオレンジ色になるとは思ってもいなかった。そんなローソンとアルビサポの“ちょっとイイ話”。

Photo_6 2003年のJ1昇格争い終盤戦、サポーター企画で作ったTシャツが「アイシテルニイガタ」ってやつ。このTシャツで「J1昇格争い」のチームを盛り上げようって・・・。

チームの苦しい局面でよく歌う、「俺たちがついているさ新潟、伝えたいこの想い、愛してる新潟」 ってチャントを、そのままデザインしたTシャツが、多くのサポーターに支持された。

というだけなら、どこのチームでもあること。

この、「アイシテルニイガタ」のロゴが、チームやサポーターと共に歩き出す。

Photo_4 Photo_7

レジ袋に「アイシテルニイガタ」のロゴがプリントされるようになったり・・・、

オリジナル商品「アイシテネローソン」なんてパンがでてきたり・・・、

すっかり一人歩きしはじめたロゴが、先日の大宮戦の“ローソンサンクスday”で大きく成長して帰ってきたらしい。

サポーターが発信元になって、スポンサーを動かしたって“ちょっとイイ話”でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BAD NEWSとGOOD NEWS

Hi BOY。ちょっとキミにニュースがあるんだがな。

なに、ジョニー?

ええとな、BAD NEWSとGOOD NEWSがあるんだが、どっちが先がいい?

じゃあ、先に悪いニュースから頼むよジョニー。

よし、じゃあまず悪い知らせだ。パルセイロも山雅も地域決勝の1次リーグで敗退、来年も北信越リーグ残留が決定したよ。

オーマイガー!!  なんてことだい!

それじゃあ来年も、地域決勝出場枠「1」をめぐって8チームで争う、『ムダに熱い四部リーグ』が継続。でも、3年続けて1次リーグで負けちゃうなんて、JFLへの壁ってなんて厚いんだ!

悲しいかい?BOY?

もちろんさ!

よし、じゃあつぎにグッドニュースだ。

なに?

聞いて驚くなよBOY♪

来シーズン、勝った記憶の無い“南長野”や“JSCグラウンド”での『勝ち』が見れるし、“アルウィン”であのチームを『ぎったんぎったんのバッタンバッタン』にして、カーニバルの時のお返しがができるんだよ!

=========================== 

って、どんな書き方したって現実は変わらないね。来季も『1枠』を争う熾烈なリーグ継続が決定。ま、2枠を6チームでって考えてた方が甘かった。というわけで、ポスト・シーズンの友好モードは本日終了。プレ・シーズンモードに突入、緑の諸君、オレンジの諸君、わかったかな?

西の方で熾烈な戦いを繰りひろげてた最中に、ツエーゲンの方にも動きがあった訳で・・・。

085  

敏腕スタッフ』に期待!

 

でも、こういう記事の書き方って、本人が一番こそばゆい感じしてるんじゃないかな? どうなんだろう、『敏腕スタッフ』さん・・・。

でも、GKコーチ経験のあるスタッフって、なんか頼りになりそうな予感。まずはお手並み拝見。

 

ま、そんな『敏腕スタッフ』を見たいということもあって、セレクション見学に行ってきたのだが・・・。

085_4315085 “ん十名”の熱心なサポーターに見守られる中、高卒・大卒中心のセレクション(第1回目)が行われたわけで、テスト生のトレーニング・ウェアのエンブレムチェックでは、“○○大?”“○○高?”なんて声もあがる。

 

でも、セレクション会場の北陸大フットボールパークを見てて、つくづく思ったのは、数日前に「友好モード」で話した、緑色サポとの共通認識。練習環境って大切だよねってこと。(つまりは、リバーフロントの施設は羨ましい・・・)

ツエーゲンにとって、去年までは無かったこの施設が、新加入選手に対してのPRポイントになるってあらためて感じた。

セレクションの後、北陸大のキャンパスを散歩してから帰ったのだが、シャワー室の備わった学生サークル棟やトレーニング施設、朝食の時間帯からオープンする学生食堂、AV装置の備わった講義室。

うまく使えると、こっちの方も“大きな補強”になるような気がする!

 

Jリーグ冬開催反対

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GO WEST

『北信越魂』のゲーフラ、鳥取へ向かう“山雅サポ”に託しました

085_4315083  

時節はちょうどクリスマス、

赤いサポから緑のサポへの差し入れは、

サンタの靴下に詰め込んだシャンパンだ。

鳥取での “祝杯” 期待してます!

日本の西の果て、石垣島まで行っちゃえ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「秋春制に反対!」・・・雪国チームが動き出す

Jリーグ冬開催反対

日本のサッカーシーズンは「春秋制」、これを2010年をメドに「秋春制」に移行しようというのが発端。

Photo_2 確かに、夏の暑い時期に無理にやるスポーツじゃないのは判っている。選手の国際間移籍などのメリットもある。世界標準に合わせましょうというのも充分に理解する。

でも、今回の進め方は強引すぎる。それくらいの指導力がないとダメだというヒトもいるかもしれないが、物事には、いくつもの見方があるわけだから、充分な論議が必要だと思う。

それにもまして、今回の発議者の説明も良くない。

暑い夏を避けて“選手の負担を軽くする”と言っていたはずが、なぜか“7月開幕”の「夏春制」になってしまった。

どうも一貫性が無い、どこかの国の総理大臣の発言みたい。

とはいえ、ここは民主主義の国、問題があるなら徹底的に話し合う、って事で新潟サポが動き出した。私的な意見として、とりあえずは弱者である“北国・雪国グループ”の立場で考えてみようと思う。結論を急ぐことは無い。

 

<a href="http://yukiguni-club.rash.jp/" target="_blank"><img src="http://yukiguni-club.rash.jp/images/ban02.gif" alt="Jリーグ冬開催反対" width="150" height="60" border="1" /></a>

〈 ↑↑ そのまま貼り付ければ“特設HP”に飛ぶバナーになりますので貼り付けの協力を!〉

 

・・・急に「秋春制」が気になりだしたのは、今日の寒さが身にしみたから?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北信越魂 <☆×8>

長野県から “北九州” “鳥取” 方面へ、気の早い人は今夜あたりから移動開始? 

北信越リーグが終わった今なら、“来季2枠”って打算的なものもあるのだが、素直に 「頑張れ!」 って言える。ま、それ以上に、4年続けての 『ムダに熱い4部リーグ』 はもうたくさんという気持ちも強い。

085_4315080 ということで、闘いの場にたどり着く前に、あえなく“討ち死に”ってチームのサポとしては、両チームに、『北信越魂』 を、鳥取で、北九州で、そして石垣島で見せつけてきて欲しい。そして、来季 “JFL” でも旋風を巻き起こせ!って、“草葉の陰から”願っている。

もともと、22日には講演の仕事を請けていたので、地域決勝の応援というのは微妙だったのだが、今の状況(個人的+チーム状況)を考えるとまず行けない。(なるったけ大勢でセレクションを見学。 「注目してるゾ!」「中途半端なことするなヨ!」 ってクラブの方に意思表示しとかないとね…)

でも、もしかするとって事で、密かにゲーフラなんかも用意していたんで、画像からですがエール!

“激戦区” と言われながらも、“リーグ戦で消耗?” なかなか地域決勝じゃ力を出し切れないって流れを、今年こそ断ち切る為にも、“両チーム” には、北信越リーグ “8チーム” の願いを背負って闘ってきて欲しい。

 

追伸; 鳥取or北九州へ自動車移動ってヒト、石川県あたりでひと休みって事なら、ゲーフラだけでも託したい。高速だったら尼御前SA、国道8号だったら加賀市界隈、連絡もらえれば 「差し入れ」 込みでゲーフラを引き渡しますので連絡乞う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

♪♪木枯らしに抱かれて♪♪

窓の外を枯葉が舞ってます。このシーズンになると聞きたくなる“懐メロ”??

 

冬があるから春が来るわけで、選手の解雇や監督の更迭・解任なんかも、サッカークラブとしてはごく普通のことのはず。ツエーゲンも3年目の冬で、初めて厳しい現実に直面したんだと思う。

少し感傷的な気分にもなるが、礎となるクラブは来季も受け継がれていくわけで、春には新芽も芽吹く。

現在の立ち位置の確認ってことは、週末に鳥取まで? 足元を見つめ直すってことでは、セレクションの見学に北陸大フットボールパーク??

 

2009シーズン・セレクション(11/23 10:00~)-------(公式サイトより転載)
【ツエーゲン金沢サポーターの皆様へ】


セレクションの見学は可能ですのでぜひご来場ください。
なお、当日は下記注意事項をお守りの上ご見学ください。


1.近隣は住宅街となっておりますので、騒音の発生等につきましてご配慮くださいますようお願いいたします。
2.ネットへの横断幕等取り付けはご遠慮ください。
3.大学施設内及びピッチ内への立ち入りはご遠慮ください。また他のグラウンド利用者のご迷惑にならないよう、十分ご配慮ください。
4.その他係員の指示にしたがいご見学ください。

コネタマ参加中: この曲を聴くと冬を実感。お気に入りの「ウィンターソング」は?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

池田監督退任

池田監督の退任が発表されました。

クラブからの報告では、続投要請したものの退任の意思が固かったということですから、解任ではなく辞任。2年連続で目標を達成できなかったケジメということで、勝負師らしい決着の付け方だとも思います。

公式戦終了後に退任の意思表示をしていたということですから、クラブとしての速やかな善後策の発表に期待したいところです。突然始まった、2週間のオフは、退任撤回の説得だけに費やしたわけではないと思うし、後任監督の人選などの大切なことに、手を付けてないなんて事はないと思う。今、大切なのは次のビジョンを示すこと。サポーターの期待するところはこの一点だと思う。

そして、池田監督には、金沢での2年間を総括してもらいたい。例の「促成型か育成型か?」の見解も聞きたいし、クラブやサポーターのあり方の意見も欲しい。昨年、松本を退任した辛島監督が長野県のサッカー界に一石を投じたように、池田監督から石川県のサッカー界への提言に期待したい。

 

最後になりましたが、池田監督、本当にありがとうございました。2年間、冒険物語を堪能させて貰いました。また、どこかのスタジアムで再会を・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「2極化?」「勝ち組・負け組?」「格差社会?」

天皇杯5回戦も終わって、ベスト8に進出したチームはまあ妥当という感じ。これで、残り3節のリーグ戦に集中ということになる。

単純に 【3試合×勝ち点3点=9点】 という数字を、(対戦表とかのメンドくさいことは置いといて)足し算してみると・・・。

首位の鹿島が勝ち点54だから勝ち点46で9位の清水までがで優勝争い。降格争いの方も、17位の千葉が勝ち点35、10位の柏が勝ち点42なので充分射程範囲だ。というわけで、降格決定“済み”の札幌は別として、全チームが上下二つに分かれての、熾烈な争いの真っ只中。

コレを称して「2極化」「格差社会」と言うらしい。「勝ち組・負け組」どちらの争いも、今年も最終節までもつれそうな予感!

 

熾烈な争いの結果が見え始めたということではJ2への昇格争い。

栃木SCが2節を残して4位以内の昇格条件が確定! 残るは、カターレ・ファジアーノ・ガイナーレが昇格条件を確定できるかということ。次節にファジアーノvs栃木SC、最終節にもカターレvsファジアーノの直接対決と山場が続く。

鳥取と米子には、半年づつ勤務した縁もあるので、個人的にはガイナーレに勝ちあがってもらいたいのだが一昨日の負けは痛すぎる。ファジアーノの積み上げた勝ち点3もそうだが、カターレが積み上げた勝ち点1はとてつもなく大きい。

でもなんか、サッカーの神様がもう“ひと波乱”を起こしてくれるような予感もする。ということで [最終節・富山行き] の準備?

 

ところで「栃木SC」って、Jに昇格したら「SC」の名称を変えるのかな? 単純な疑問。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金沢ワイゼンベルグvs福井スノースイーパーズ、そして“ウェンディーズ”

金沢のもうひとつの赤いフットボールチーム “金沢ワイゼンベルグ” の試合を観に地元の陸上競技場へ。フットボールとは言っても、アメフトの試合となると、かなり雰囲気が違う。

思い返すと、大学時代は今ほどサッカーが盛んじゃなかった。むしろ、ラグビーやアメフトの方がメジャーなスポーツだったようにも思うのは、母校のチームが東の雄と呼ばれる “フェニックス” だったということもある。

そういうわけで、寒さが厳しくなると、“甲子園ボウル” の “ファイターズ” との対戦を思い出す。そんな、学生時代の記憶をたどりながら(ルールも思い出しながら)、久しぶりのアメフト生観戦。「地方の社会人クラブチームだから・・・」って思ってたんだけど、なかなかどうして。

結果は、[7-20] で “福井スノースイーパーズ” の圧勝。久しぶりにアメフト観戦を堪能できたのだけど、印象に残ったのは福井のチアチーム“ウェンディーズ”の雨中での熱い応援だった、って・・・。視線をそのままカメラで追ってみた。チアの声が聞こえると、プレーの方からついつい視線が移動。

ホントは、プレーに集中すべきところなんだけど、ついついチアリーダーの方に視線がフラフラと行ってしまう。両チームの選手諸君、本当にゴメン!

で、どうだろうサウルコス関係の方、来季のツエーゲン戦では“ウェンディーズ”をゲストに招いては? 「よさこいイッチョライ」より “数倍” 選手のモチベーションは上がる、かも? もちろん、観るほうとしての“楽しみ”も・・・。

 

 

少し寒かったけど、原点に返って、『枯れた芝生とフットボールとの組み合わせ』も良いのかな、ってチョットだけ思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロモーションビデオ

地域決勝に向かって、TMや壮行会・募金集めと参加チームは盛り上がってます。

いまさらながら、ツエーゲンもこの舞台にたどり着きたかった・・・。

そんな地域決勝のプロモーションビデオ、ホントによく出来てます。

ニコニコ動画の方が、視聴者コメントもあって面白いんだけど・・・。

今年の悔しさを胸に刻んで、絶対に来年は参戦! そしてJFL昇格!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SC フライブルク

080308tram ドイツの環境首都と称されているのが“フライブルク”、路面電車を優遇した交通網や、自然エネルギーを利用した発電インフラ、徹底的に環境保護・省エネを追及したニュータウン作り。確かに目をみはるものが多い。でも、一番効果のある対策は地道な“環境教育”なんだってことも教えてくれた。

そんな環境首都に、“SC フライブルク” というクラブチームがある。そして、チームを16年間も率いてきた監督が、浦和レッズの次期監督になるらしい。スタジアムやメンバーに恵まれた日本の“大”クラブチームで、ドイツの優等生“地方”クラブチームを作り上げた手腕が、どう揮われるのか興味がわく。

Img_2362_2 Img_2369_3 話は変わって、このフライブルクという街、意外に金沢や石川県と縁が深い、行政が環境対策のパートナーシップを結んでいたり、大学なんかでの人的交流も多い。現地でコーディネーター役をつとめてくれる日本人研究者は、加賀藩主前田家の末裔だったりもする。そんな縁もあって、数年前に、SC フライブルク を練習見学に訪ねる機会ができた。

Img_2361 旧市街地と路面電車が結ぶスタジアムは、風力発電や太陽光発電設備が備え付けられており、雨水なんかも徹底利用するエコ・スタジアム。『SC=スポーツ・クラブ』 のチーム名が示すとおり、スタジアムには総合型スポーツクラブの体育館やジムも備え付けられている。08_01pop11_2 スタジアムに隣接する練習場は、天然芝のピッチが3面。地方都市のサッカークラブとして、お手本のような環境を実感できた。

 

08_01pop1111

でも、一番の強みは“地域との結びつき”。試合だけでなく、練習にも老若男女、幅広い世代が大勢で集まるし、練習後の交流なんかも活発。

『ドイツ型地域総合スポーツクラブ』 ツエーゲンのお手本にしたい仕組みです。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

北信越リーグ入れ替え戦 《水面下での“激戦”》

085_4315001_2 昨日の北信越リーグ入れ替え戦、「試合の方はこんな感じ」なんて書いたのだけれど・・・。いろいろ問題もあるこの試合。

実は水面下で、激しい闘いが繰り広げられていたみたい。

午前中の用事で、選手入場直前にスタジアム入り。一応、“大義名分”の確認の為に「スタメンは?」って聞いてみると、「1.5軍」という微妙な答えと、「県協会ががんばったからね」という“謎”の言葉。

085_4314997 新潟医療福祉大は、勝ちは狙っているものの、第1レグの“4点差”を、ひっくり返そうって積極性を感じないし、選手交代などのベンチワークも無い。90分を交代無しで戦って [0-1] での勝利。

入れ替え戦らしくも無い展開に、“寒いゲーム”“極寒の展開” なんてコメントも多数・・・。

確かに、登録メンバー には、アルビレックスに所属してた「11番」や、大学リーグの主力メンバーを帯同している。でも、公式記録 をみると、主力を封印したかのような先発&選手交代無しの不可解な展開。

どうやら、去年も、新潟経営大学のあからさまな“降格のがれ”の“最強チーム編成”に苦戦した、サウルコス側の抗議活動が功を奏し、没収試合とまではいかなかったが、メンバー編成に大幅な制限がかかった模様。

“最強メンバー”で4点差をひっくり返しての1部昇格を狙ってきた、新潟医福大の戦略は、試合開始前に終戦という結果。あとは淡々と日程をこなすだけの、カードひとつ出ない、真剣勝負とは程遠い“寒いゲーム”が待っていたというのが真相らしい。

北信越地域にも、百人単位で部員を抱える“サッカー大学”が増えてきている。“ベストメンバー規定”や“最強チーム編成”、“試合の優先順位付け”など、大学リーグと地域リーグの矛盾点見直しのキッカケとなる試合だったのかもしれない。

ただ、“激戦”を期待して集まった358人の観客には“酷”な試合だったのかな?

 

あと、アチコチに金沢のスタジアムでよく見かけるメンバーが・・・。

みんなヒマなんだね、早く来すぎたオフシーズンで・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NORTH WIND

ツエーゲンの来季の体制を考える上でも重要な一戦、北信越リーグ入れ替え戦、第2レグの結果は [0-1] で新潟医療福祉大の勝ち。

1勝1敗という結果になりましたが、トータルスコアで上回ったサウルコス福井の1部残留が決定しました。

試合内容の方は・・・

2008_442117981_2  

 

 

 

 

(あわら市 波松海岸)

 

こんな感じかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベストメンバー規定《ジェフ・トリニータ・新潟医福大、そして・・・》

ベストメンバー規定の根本精神に反するようなメンバーの入れ替えがあったって事で、大分トリニータとジェフ千葉が批判されている。一部で、批判したJFAの方が悪いような論調もあるが、今回の件は、JFAの言い分の方が納得しやすい。

ま、天皇杯というトーナメント戦の中のことだったから、当該チームは、すでに“敗退”というペナルティを受け、試合の結果も他のチームに影響を与えることがないので、さほど深く追求しなくても良いとは思う。

むしろ、フロンターレが昨年やった、“ACL直後のリーグ戦でのメンバー8人落し”の方こそ批判すべき。だから、『私たちは裏切られて・・・』のダンマクまで出して抗議(?)って方がおかしいと思う。

というのは、リーグ戦での勝敗は、当該チームに留まらず、リーグ全体の成績に影響するって事を無視しているから。さいわい、J1のリーグ戦は長期戦で、フロンターレがやった“愚かな”行為は、34分の1に薄められ、大きな不利益をこうむったチームはでなかった。

でも、彼らは“やってはいけないこと”をやっちゃったんだと思う。

 

かわって、北信越リーグ入れ替え戦での新潟医福大の方、“Aチーム”だの“Bチーム”だのってことで話題になっている。そんな区別は失礼だとか、リスペクト?だとか・・・。でも、今日の試合で“Aチーム”がしゃしゃり出てくるようなら? 「大学チームは嫌いです!」って声を大にして叫びたい。

明らかに優先順位が異なるリーグ戦を、並行して闘うことは無理。単に“出場機会”や“調整”を目的に、今の北信越の1部リーグには参加して欲しくない。もし参加するなら、それなりの覚悟を示したメンバーでの参加が最低限の条件だと思う。

北信越リーグでは、1試合でも気の抜けた試合はして欲しくないし、当該試合の結果はリーグ全体の成績に大きく影響する短期決戦だから、試合スケジュールの都合で、“強”“弱”がコロコロ変わる、壊れたエアコンみたいなチームは参加する資格が無いとも思う。

って、大義名分が出来たから、今日13時からのサウルコスと新潟医福大の試合。

正々堂々と、サウルコス側で応援する!! (新潟医福大“Bチーム”で対戦だったら中立?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦略的視点でサウルコスに肩入れ

今季が終わった日から、来季への準備は始まっている。来季、有利に闘う条件を整えることも大切。というわけで、2009年の北信越リーグ1部への挑戦権を賭けた“入れ替え戦”のサウルコスvs新潟医福大戦が明日開催。

試合会場は三国のテクノポート福井スタジアム、キックオフは午後1時。

1戦目を [4-0] の大差で勝った、サウルコスが優位って事は確かなのですが、NSG(アルビレックス)・グループの新潟医療福祉大ですから、(“元J”を含む)主力メンバー&ベンチスタッフの投入ってことならどうなるか判らない。

ツエーゲン的には、新潟での遠方アウェイが増えるより、福井に残ってもらいたい。もっとも、新潟県や長野県の視線で見れば、福井は遠いし、敦賀開催に回されるということも考えられる。JSC的(パルセイロ的?山雅的?)視点ならば、“NSGダービー”“聖籠ダービー”希望って感じ??

相手の消耗を誘う遠方移動+強風や夕日といった魔物が潜むテクノポートだからこそ、パルセイロ戦みたいに 「あわや大金星!」 って事が来季も起こる。

というわけで、はなはだ“打算的”ですが、サウルコスに肩入れ!!

 

------------------(引用開始)
俺たちも頑張ろう!
まだ間に合う!
一人ひとりが、家族・親戚・友人・知人をテクノポートに呼び込もう
客を呼ぶのはNPOや選手じゃない
一人ひとりの熱意だ!
ラスト90分間、ホーム最終戦、全力で闘おう
福井県スーパーサッカーDAY11.9
新潟福祉大戦。13時開始 多くの人で後押ししよう。
選手の後押しの為、声援や拍手は惜しみなく送ろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥取まであと200キロ

ちょっと遠出をして滋賀県の長浜ドームまで、たまには 仕事 “も” してるんです。

085_4314968 環境関係の展示会の視察なんですが、適度な刺激で、抱えている企画のイメージもふくらむ。久しぶりに会う知り合いなんかとの話も楽しい。

もっとも、環境関係の展示会ということで、自動車関係やコンピューター関係の展示会みたいな、水着のレースクィーンが立っていたり、ミニスカートのコンパニオンが懇切丁寧に解説してくれる、ってサービスが無いのは、少し残念?

ま、こういう展示会につきものなのが、大量の配布資料。持ち運びの為というか、自社のPRというわけで、社名や商品名入りの紙袋をサービスしてくれるのですが、だんだんエキサイトしてくると、他社の紙袋のロゴを、更に大きな自社ロゴ入りの紙袋で覆い隠すなんて事をやったりします。

今回は、環境関係ということで、それほど大がかりな配布は行ってませんでしたが、エコバックをあちこちの出展ブースでプレゼントしてました。

085_4314986 でも今回は、 “ツエーゲン オリジナル エコバック” を持参。

シンプルなデザインが好評で、「どこで手に入るの?」って、聞かれたので、「ツエーゲン金沢です」って答えておきました。滋賀県でのツエーゲンのPR活動は成功??

でも、真っ当に広報活動やってる Mi-O草津 は立派。サポーターが少ないとか、地元サッカー協会の支援が無いとか、マイナス情報ばかり入ってきますが、地道にがんばっているようです。

085_4314984 駅のチラシ置き場には、試合のPRチラシがしっかり置かれていました。

JR草津線の利用促進のPRとタイアップしてのチラシですが、普段の生活の中で目に付くところに、チラシが置いてあるのって良いですよね。

ツエーゲンも、JRや北陸鉄道とタイアップできると良いのかも?

 

帰りの電車待ちの駅が 敦賀 。

085_4314988_2

あと、200キロほど行けば“鳥取”なんだよね・・・。

        …ますます、行きたくなってきたゾ!

 

 

松本山雅、地域決勝繰上げ出場正式決定おめでとう!

落ちてきた “蜘蛛の糸” うまく使え!! 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

退団選手発表

本日、オフィシャルサイトで退団選手が発表されました。ピッチとスタンド、立っている場所は違っていても、共にJFLを目指してきた “同志” だから、覚悟はできていたとはいっても、やはりショック。

 

ということで、あとは後日・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OBAMAは小浜だ!

あいかわらず、“ma○sum○to.”だとか“e○s○n.”といったところからや、“松本山雅”なんて検索ワードからのアクセスが異常に多い、『ニセ松本山雅系ブログ』へようこそ!

 

082_015_2 せっかくだから、昨日の“お買い得情報”に引き続いて、“観光案内”なんかもサービスしよう。

  

鳥取まで日本海ルートで行くなら、途中には小浜がある。なにしろ“OBAMA”は今が旬の街。

もちろん、噂の OBAMA饅頭 や OBAMAバーガー が手に入るって意味だけじゃなく、正統派の食通だったとしても、解禁したてのズワイガニを楽しむって手もある。

街の雰囲気だって 「海のある奈良」 って呼ばれるくらいだから、寺町や色町界隈の情緒もオススメ。

同好の人だったら、ちりとてちんの聖地巡礼 なんてのもOKだ。

 

だんだん、鳥取に行きたくなってきたぞ!

今季、ツエーゲンがたどり着けなかった場所の確認って意味でも!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最終“燃料”補給地点

『松本山雅地域決勝“繰上げ”出場』ってことで、ここ数日のアクセス解析、“松本山雅”の検索ワードでのアクセス数が急増。全来訪者の7割が“松本がらみ?”という、ニワカ松本山雅系ブログです。

多分、急遽決まった対戦なんで、あわてて情報集めってことなのかな?

情報集めってことでは遠征計画も。準備期間は短いし、3日間の連戦ってことで“弾丸バス”“オフィシャル・ツアー”の手配もムリ? 最終的には、自力で鳥取行きってパターンに落ち着くのかも?

同じ 北信越リーグ を闘った仲間だ、ってことで微力ながら情報提供!

翌週には石垣島がひかえているのだから、『松本→安房峠→富山→金沢→敦賀→舞鶴→福知山→鳥取』 って、国道8号・9号を使う “経済ルート” を選択する人も多いと思う。

そんな、日本海大好きって人に向けての “情報” は、「敦賀から先の日本海側のガソリン価格は異常に高価い」 ってこと。

ということで、ガソリンの最終補給は福井周辺がベスト。復路も福井までガソリンをもたせたほうが良い。そんな福井のガソリン激安地帯が“嶺北縦貫道”の坂井市界隈だ!

C291_3 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

役に立つかな? このリスト??

 

 

ん、、、11月22、23、24日は3連休か?

                    ・・・行きたくなって来たじゃないか(西瓜モードで)!

20080916000_2

 

 

 

 

 

                    緑色してても中身は“赤い”ツエーゲン金沢サポです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

閉じた扉だってこじ開けられる!

今朝の“衝撃ニュース”は「TK逮捕!」ではなく、「松本山雅繰上げで地域決勝へ!」の方。

やっぱり、“パルセイロだけJFL昇格”ってことでは、自己アイディンティティの崩壊にもつながりかねないって、危機感が引き込んだ『幸運』だと思う。

この『幸運』を生かして、パルセイロともどもJFLに昇格して欲しい。

 

 

 

でも、何故か、松本に “ダーティ” さを感じるのは・・・

きっと、コレ(18歳未満クリック禁止) のせいだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おめでとう!大分トリニータ!!・・・あとは、山雅とサウルコス。

ナビスコカップ決勝戦、大分トリニータが清水エスパルスを破って初優勝。県リーグから出発したクラブが、国内3大タイトルのひとつを手にしたっていうのは、4部だ5部だって称されるリーグにいるチームのサポーターとしては励みになる。というか、あんまり遠い目標すぎて実感すらわかない。でも、「いつかきっと」って、胸にしまっておいてもいいよね?

連休中、身近なところで気になる試合のひとつが、ホムスタでの天皇杯4回戦。戦力的には厳しいと思うが、なんとか神戸に一泡吹かせてやってほしい。山雅の天皇杯での活躍は、ツエーゲンにとって、来季の目標として具体性のあるマイルストーンになる。ウチも、3度目の挑戦になるが、来季は必ず“J”の壁を突破する!

もうひとつは、明日から始まる北信越リーグの入れ替え戦。サウルコス福井と新潟医療福祉大の1部リーグを賭けての死闘。こっちは、近場のアウェイ戦確保というか、自宅から一番近いスタジアム(ほんの20キロ、自転車でだって行ける)でのリーグ戦観戦の楽しみの為にも、サウルコスに残留してもらいたい。

20080916000 ということで、久々に“西瓜”モード発動だ!

明日の新潟・アルビレッジには行けないが、9日のテクノポートには必ず行く。

だから、「勝って」福井に帰ってきて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »