« 純粋サポーター理論 | トップページ | だんだん »

驚愕のビデオ

今回のバスツアー最大の収穫は“天皇杯一回戦 VS SAGAWA”のビデオ上映だった。メインスタンドから回していた何の編集も加工もないビデオ、淡々と試合経過を写しているだけ。

もちろん、試合展開に目を奪われるのだが、試合展開以上にビデオカメラが拾う音声には、本当に驚かされた。

画像ではなく音声が、エキサイティングな試合展開が自然と観客を巻き込んでいった様子を、淡々と記録していた。

当事者としてバックスタンドにいて、ハーフタイム、延長戦突入と、倍々ゲームでバックスタンドの人達を巻き込んだって満足していたのが、甘い自己満足だったって気づかされた。

バックスタンドの声量がピッチを包んでいたと思っていたが、メインで拾う声量にはさほど変化は見られない。むしろ、要所要所で増える、メインスタンドの観客の手拍子に、「マッタリ試合観戦の為の席」って先入観がふっとんだ。

試合後、選手達が“最高の応援”と評した意味が理解できた。

たぶん、選手は挟み込むように降り注ぐ、手拍子の渦に巻き込まれていたんだろうな、って。来季への課題のひとつが見えたような気がする。(この試合は、クラブからビデオを借りて、サポミで120分連続で上映会したって良い様に思う)

|

« 純粋サポーター理論 | トップページ | だんだん »

ツエーゲン金沢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/436061/24503904

この記事へのトラックバック一覧です: 驚愕のビデオ:

« 純粋サポーター理論 | トップページ | だんだん »