« JFA公認 S級コーチがもう一人・・・ | トップページ | 必勝“フラグ”再び »

敗者にはなにもくれてやるな

雨中の激戦から五日もたつと、第三者目線ではない当事者としての試合評なんかも出てくる。読み返して納得することも多いし、次の対戦(いつになるのか?)への糧にもなる。

富山サイドへは、地域リーグ後半から取り入れた“池田式フラット3”がようやく完成。ツエーゲンは“攻守”ふたつの戦術を自在に使いこなせるまでに進化した。ということを伝えておいた上で・・・。

 

さて、カターレvsツエーゲン。
ツエーゲンが普段やってるサッカーは知らないけれど、引いてました。
引くだけならいいけど、
カターレの「選手もボールも動くサッカー」につっかかっても
くれなかったと思う。パス回しさせられてた感じ。
みなさんご存知の負けパターンというとよく分かるのかな。

 

同じようなことを、北信越“地域”リーグの途中、何度も“あのチーム”や“このチーム”、ついでに“あのチーム”に味あわされてきただけに、カターレ富山の嘆きにも同感。

苦い経験をもとに学んだのは“JFL昇格”っていうのは、「ボールも人も動く」楽しいサッカーと、「堅く守ってカウンター1発」の現実的なサッカー、両方を使いこなせてやっと勝ち上がれる、異常に高いハードルが用意されているってこと。

そういう意味で、“あのチーム”や、もしかすると挑戦権を得るかもしれない残りの2チームに対しては、違った意味で厳しい結果がありうる、なんて思ってもいる。

 

富山方面で問題になっている『ダンマク問題』については、受け手の感じとして、“あのチーム”と異なり、最初から“例”のダンマクを掲げてきた富山サポ(ヘルバレー?)には、むしろ好感をもっている。かえって、あのダンマクを引きずりおろしてやるって、こっちのモチベーションUPになった。(わざわざカターレサイドまで記念撮影をしに行った人もいる、ら・し・い)

 

思うに、このダンマク作った人は「カターレが必ず勝つ!」って
信じてる気持ちがなきゃ作らんかっただろうし
(作れんかっただろうし)、「カターレを絶対勝たせる!」って
いう気持ちで実際に足を運んで応援にみえられてるだろうし、
その点は私も全く同じなので、メッセージの内容については
ダメな部分はあったにしても、腹を括ったこうゆうダンマク、
嫌いじゃなかったです。

 

退路を絶ってこそできるものもある。“挑発”ってそんな想いの裏返しだ、というのにも同感。やるなら、試合前や試合の帰趨が判る前に自分たちに向けてこそ、やるべき。

 

と、いうことだ。特に“あのチーム”の関係者は肝に銘じておくように。

 

そういった意味では、試合“後”に出したツエーゲン側のダンマクの方が、むしろオトナゲなかったのかもしれない。

085_042  「今年絶体昇格しろ」

007シリーズじゃ、「危機一発」とか「絶体絶命」とか、あえて普通は使わない漢字表現でインパクトを高めた、っていうのは映画界のトリビアだったっけ。

 

リクエストもあるようなので、もう1枚の方も・・・

085_043111  「総陸借りるネ」

単に“富山県総合運動公園陸上競技場”の略称が分からなかった?ってことで、絶対を絶体って書くくらいのモノ。

 

  

ここ3年間の地域リーグの“死闘”で学んだことは・・・。

085_43112  

 

 

 

 

「敗者にはなにもくれてやるな」 by丹下段平 

ってことだったはずなんだけどね。

 

                            【参考文献「Kataller Blue !」】

 

|

« JFA公認 S級コーチがもう一人・・・ | トップページ | 必勝“フラグ”再び »

ツエーゲン金沢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/436061/24012047

この記事へのトラックバック一覧です: 敗者にはなにもくれてやるな:

« JFA公認 S級コーチがもう一人・・・ | トップページ | 必勝“フラグ”再び »