« 大脱走のマーチ | トップページ | 「君は“豊スタ”に行きたいか?」 »

「二百三高地」を制するのは?

戦艦 三笠』の原寸大セットを加賀市の時代村跡に建設、って新聞記事085_023

 (画像クリックで読める程度に拡大可能、ツラい様なら別新聞だけどコレ

 

来年から始まる、NHKの大型ドラマ「坂の上の雲」のロケ地誘致も見据えての計画ってことですから、廃業遊園地の良いリサイクルになるのかも?

『戦艦 三笠』が活躍した日露戦争を描いた映画ってことになると、外せないのが 「二百三高地」。

二百三高地攻略で主力となり最も被害が大きかった第九師団を中心に描いているということもあって、金沢とも縁が深い作品です。

金沢第九師団第六連隊第七大隊第三中隊第三小隊第一分隊に配属の主人公小賀を演じた あおい輝彦 と、豆腐屋や友禅職人・ヤクザ者・幇間といった部下の兵隊たちとのやりとりが面白かった。豆腐屋役の 新沼謙治 も好演だったけど、やっぱり、ヒロイン役の 夏目雅子 が一番だよね。

この映画の象徴的なシーンが、戦地(二百三高地)に赴く小賀が、教鞭をとっていた教室の黒板に、“帰ってくるまで消さないで欲しい”と書いた 「美しい国日本、美しい国ロシア」 の白色チョークの文字。

と、すっかり映画紹介になっているのだが、北陸地区を威圧するように立ちふさがる カターレ(なぜか富山ってロシアっぽいイメージ) との戦いの場所が加古川。“二百三高地=ゴール前”を制するのは ツエーゲンの9番 ってことで、無理やりオチを付けてみる。

 

  

「美しい国石川、美しい国トヤマ」

これから、JFLやJでの長期戦になるとは思うが消さないでおいて欲しい・・・。

|

« 大脱走のマーチ | トップページ | 「君は“豊スタ”に行きたいか?」 »

ツエーゲン金沢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/436061/23851907

この記事へのトラックバック一覧です: 「二百三高地」を制するのは?:

« 大脱走のマーチ | トップページ | 「君は“豊スタ”に行きたいか?」 »