« 「真昼の決闘」 ・・・暑さ対策 | トップページ | いよいよ »

前略 バドゥ様

先日の試合は完敗でした。どちらか一方しか生き残れないサバイバル・マッチ、名将の采配を身をもって感じさせていただきました。グローバル・スタンダードの戦術、意表を突く選手起用、そしてなによりも、選手やサポーターだけではなくすべてを味方に引き込む掌握力、等々。まことに恐れ入りました。極東・島国の4部リーグにはもったいないほどの名将に対し、“バトルロイヤル”だの“呪いの儀式”だの“凸撃インタビュー”だの、数々の無礼。過剰に意識していたゆえとご容赦、今は深く反省いたしております。

プレシーズンの戦力分析、補強少なさや、ベテラン中心の編成に、 “????” みたいな論評をしたこともあり。“素人の浅はかさ”と、恥ずかしい限り。実際に対戦してみると、要田選手を核とした攻撃陣は脅威であり、土橋選手を加えた中盤は見事でした。さらには丸山選手を中心とした守備陣もしたたか。一方、ツエーゲンは、戦略で先んじられ、戦術で裏をかかれ、さらにはベテラン陣の老獪さになすすべもなかった。サッカーの奥深さを教えられた思いです。

こうなれば、パルセイロの“リーグ制覇”とバドゥ監督の胴上げこそが、2008年の北信越“カオス”リーグの結末にふさわしいと感じる訳で。最後の一助を、金沢の地で担える事を幸いとも思っております。と、いっても、『“最期”の信州ダービー』 山雅は、「長野の首を獲る!」という最大のモチベーションで臨んでくると思われます。安穏と受け手にまわれば、手痛いお返しを受けることにもなりかねません。

いまさら、名将に対してアドバイスするようなことは恥ずかしい限りであるのですが、ひとつだけ、勝るものがあるとすれば、“日本人”を長くやっているということ。また、昨今の“若者気質”というものを多少なりとも理解しているということ。具体的に申すならば、イマドキの若者に成果を求める際、保険をかける様な行為は逆効果。ことに、ここ一番という場合、何重にも掛けられた安全ネットは、むしろ危険を誘発してしまうということです。

でも、パルセイロには丸山選手が所属しています。2003年、アルビレックスのJ1昇格を賭けた長い戦い。幾度と無く立たされた絶望の淵、そんなとき丸山選手の存在感が、幾度もチームを救ってくれました。ことに終盤、過去の対戦成績やライバルチームの対戦カードなどの有利な条件で、昇格決定疑い無しと、甘い気持ちで臨んだ福岡戦でよもやの敗戦。3位のフロンターレの思わぬ善戦で、最後の一枠を争う厳しい展開となり。「生か死か!」という最終節。シーズン44試合フル出場の丸山選手は、チームを鼓舞し、重圧を跳ね除け、身体を張っての大活躍。苦手のアルディージャを下して悲願のJ1昇格を勝ち取りました。

DFとしてチームを支える“丸山イズム”は、追い込まれてこそ力を発揮します。リーグ戦の優勝を確実なものにする為、あえて“安全ネットを外す”という戦術もあると思うのです。

 

 

ぶっちゃけ、「全社は譲ってくれ」ってこと、福井は遠いし、8月15日の試合に勝つと炎天下の「真昼の決闘」3連戦だよ・・・。

|

« 「真昼の決闘」 ・・・暑さ対策 | トップページ | いよいよ »

ツエーゲン金沢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/436061/22822917

この記事へのトラックバック一覧です: 前略 バドゥ様:

« 「真昼の決闘」 ・・・暑さ対策 | トップページ | いよいよ »