« 長野戦動画 | トップページ | 20番丸山良明 »

2位という位置取り

勝った後なら浮かれて水曜日くらいまでは過ごせるんだけど、次の試合に向かって再起動だ!と無理やりリセットボタンの連打。(公式ホームページなんかも“負けた時”こそ早い更新ができれば、次の試合に向っての意欲を感じると思う)

「4強4弱」なんて下馬評だった北信越リーグ、現時点で「3強4弱1蚊帳の外」って感じになってきたというか、今週末の結果いかんでは「2強5弱・・・」ってカタチに落ち着くような気がする。

決勝大会への「1枠」をめぐって、ギリギリの戦い。簡単に独走を許すようなリーグじゃない。

ということで、2強のマッチレースを想定した戦略であれば“僅差の2位”って決して悪い位置取りではない。“得失点差で上回る”チームがピッタリと背後から迫ってくるって意外にイヤなものだって、昨日の日本代表を見ててそう思った。

 

94646bbdbd2d6e21 引き続いて“旅人”さんの番組を見たわけなのだが、良い事言ってるね。「何故、馬に乗らないんですか?」の問いに「現地の人は乗ってないでしょ・・・」と答える。

現地の人と同じ生活をしないと見えてこないものはたくさんある。尊敬すべきは 中田英寿 と思ったんですが・・・。

旅先で“カップヌードル”や“カップ焼きそば”はいただけない。あいかわらずの偏食生活?生野菜は食べれるようになったのかな?

貴重な実体験のチャンスを、“日本食料理店”や“カップ麺”が狭めているようにも感じましたし、現地の生活に触れる買い物が“袋入りのお菓子”っていうのもチョット不満。多分、菓子メーカーの社外重役という立場が、職業的義務感を発動させているとは思うのですが・・・。

現地で「暮らす」という体験に、「歩く」以上に大切なのは「食べる」こと。とはいっても、本気で「コレって食べ物?」ってモノを食べさせられた経験は、学生時代に周った欧州+北米、アフリカや南米・中国・東南アジアで体験済み、というかムリヤリ体験させられた。

でも、そんな遠くに行かなくても、8月2日の長野戦でも“体感”できるはず・・・。

蜂や蜂の子・カイコが“食べ物”だったなんて教えてくれてありがとう!長野県!!

|

« 長野戦動画 | トップページ | 20番丸山良明 »

ツエーゲン金沢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/436061/21383269

この記事へのトラックバック一覧です: 2位という位置取り:

« 長野戦動画 | トップページ | 20番丸山良明 »